刀剣乱舞(とうらぶ)の実写化映画情報まとめ!ストーリーや裏話裏設定は?

スポンサードリンク

 

このページは、『刀剣乱舞(とうらぶ)』実写化映画のまとめページです。

ストーリー・登場キャラ・主題歌、さらには限定グッズの予約方法まで、管理人が『刀剣乱舞』の実写映画にまつわる情報を全部突っ込んでみました。

口コミや監督の評判など裏話も紹介しているので、刀剣乱舞(とうらぶ)が好きな人は、ぜひご覧くださいね♪

※情報は随時追加していきます。

映画刀剣乱舞(とうらぶ)のストーリーとキャスト

◆公開日:2019年1月18日(金)

◆ストーリー:詳しくはコチラ

◆キャスト:詳しくはコチラ

 

『映画刀剣乱舞』の舞台は本能寺。織田信長や羽柴秀吉など、有名な武将たちがいる時代ですね。

三日月率いる刀剣男子たちは「織田信長の暗殺」という任務を遂行するために、過去の時代へと送り込まれるようですが・・・

どうやら、今回の映画には「へし切り長谷部」や「不動幸光」など、織田信長と関わりが深い刀剣たちも登場します。メンバー的に、ひと悶着ありそうですね!

 

アニメ版『刀剣乱舞(花丸)』のときのように、ターゲットと縁の深い刀剣男子が葛藤するのかもしれません。

 

あ、ちなみに『刀剣乱舞(花丸)』はU-NEXTというサイトで無料視聴できます。TVアニメ版だけでなく映画版も見れるので、未視聴の方にはオススメですよ!

花丸は個人的に大好きなアニメなので、ぜひ見て欲しいです(^^♪

⇒『刀剣乱舞ー花丸ー』の無料視聴はこちら

実写化映画のネタバレと感想

ネタバレなしの感想や評価はこちら(準備中)

ネタバレありの濃厚な感想はこちら(準備中)

ムビチケや前売り券の買い方

スポンサードリンク

ムビチケと特典つき前売り券の買い方

ムビチケが売り切れの時は?

限定グッズ情報まとめ

※まだ公式サイトで発表されていません。

主題歌

※まだ公式サイトで発表されていません。

雑誌掲載やメディア情報

刀剣乱舞実写化映画まとめ

『刀剣乱舞(とうらぶ)』の実写化映画情報は、雑誌などの各メディアでも特集されます。

雑誌掲載

◆11/2発売『日経エンタテインメント!』

◆11/10発売『オトメディア』

◆12/1発売『ぴあ Movie Special』

 

劇中のカットなども初公開されているので、好きな人はぜひ♪

特番

「映画刀剣乱舞」特番放送決定!

「映画刀剣乱舞」のメイキング特番の放送が決定いたしました。映画のクランクインから撮影に密着し、出演者や監督、脚本家へのインタビューを通して作品の見所などを掘り下げた番組です。ぜひご覧ください。

◆放送情報

【番組名】 『映画刀剣乱舞』裏側スペシャル~銀幕の刀剣男士~

【放送日時】2018年12月22日(土)15:00

 

引用元:http://touken-movie2019.jp/

監督と脚本は誰?

監督

スポンサードリンク

 

実写化映画の監督を務めるのは、耶雲哉治さん。以下、監督のコメントをツイッターから引用しました。

『まさか、あの「刀剣乱舞」が実写映画化されるとは。 しかもその監督を自分が務めることになるなんて。』⇒

⇒『期待と同時に緊張もありますが、魅力的な刀剣男士たちと真剣な想いを胸にこの作品に取り組んでいます。 そして密かに、日本映画の歴史を変えてしまおうと目論んでおります。』

引用元:『映画刀剣乱舞』公式ツイッターアカウントより

脚本

脚本を担当するのは、小林靖子さん。日本の特撮ドラマを中心に活躍している方ですね。

「未来戦隊タイムレンジャー」「仮面ライダー電王」など、多数の有名作品に関わっています。

以下、小林靖子さんのコメント引用です。

『子供の頃からチャンバラ時代劇が好きで、刀剣はそれが思う存分出来ることが楽しみでした。』⇒

⇒『特撮アクション畑の人間なので、《萌え》はないかもしれませんが、《燃え》はきっとあります。「実写は…」と敬遠せずに見ていただけたら幸いです。』

引用元:『映画刀剣乱舞』公式ツイッターアカウントより

小林靖子さんは、確か男性の描き方が上手かった気がします。女性にとって理想的な男性を、上手く捕らえているというか・・・

だからこそ、実写化映画『刀剣乱舞』の脚本家として選ばれたのかもしれませんね。

刀剣乱舞の関連動画を無料で見る方法

『刀剣乱舞ミュージカル』の無料動画はこちら

『こんのすけの刀剣散歩』を無料視聴する方法はこちら

『刀剣乱舞ー花丸ー』TV&アニメ版を無料視聴する方法はこちら

とうらぶ映画の裏話や裏設定

この章では、映画公開前~公開中の裏話や小話をまとめています。また、ニュースになっていない裏設定なども、情報があれば追加していきます。

小話①脚本化への反応

脚本家の小林靖子さんへの反応が面白かったので、まとめてみました。不謹慎ですが、物騒すぎて笑ってしまいました(^^;

「刀剣乱舞の映画で、脚本小林靖子であることに怯えている審神者の友達に、耐性をつけるためにも仮面ライダー龍騎を勧めるよと言ったところ
特撮はタイムレンジャーが微妙にトラウマだから………
って返ってきて、しっかり小林靖子の呪いを受けてることに不謹慎ながらも笑ってしまった。頑張れ友よ」

「映画版刀剣乱舞は推しが出てないからのんびりしてたけど、追加キャストといい、キャッチコピーから推察される内容といい、ガチで審神者の心を折りにきてるとしか思えん((((;゚Д゚)))))))
脚本が小林靖子さんの時点で既にヤバかったのに、これって刀剣男士の本体は折れなくても、心は折れるフラグ…。」

「とうらぶ実写映画化、脚本は小林靖子ってところでなにか引っ掛かってる審神者のみなさん、電王を思い出すのです…あれはまごうこと無きハッピーエンドだったではありませんか…オーズを思い出すのです。アマゾ…は思い出す必要がありません。」

引用元:ツイッター

白うさぎ
他にも、面白そうな裏話があれば、どんどん追加していきます!オススメの話があれば、コメント欄から教えてもらえると嬉しいです。

まとめ

実写化映画『刀剣乱舞(とうらぶ)』は、キャストも監督も脚本も全てが豪華です。スタッフがガチなので、少しでも興味がある人には、ぜひ見ていただきたいです。切実に。

個人的に、完璧な布陣だと思っています。

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA