【刀剣乱舞】実写映画の評判は?面白いかつまらないか感想まとめ

スポンサードリンク

 

こんにちは!初期刀が加州清光(かしゅうきよみつ)の管理人オオタです。

今回は、実写映画『刀剣乱舞』の感想と評判について調べてみました。

 

実写映画というと、一般的にファンからの評価が厳しいイメージですよね?でも、映画『刀剣乱舞』はとても評判が良く、SNSでも「すごかった」「○○がかっこいい」と絶賛されています。

私も映画を見ましたが、ストーリーも演技もすばらしかったですよ!

 

そこで、この記事では『映画 刀剣乱舞』の評価と感想について、ネット上の意見をまとめました。

管理人の感想も書いているので、面白いかつまらないか知りたい人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね♪

ネタバレなしの感想なので、安心して見てくださいね。管理人オオタの感想は、一番最後にあります。




実写映画『刀剣乱舞』とは?

映画を見るくま

『刀剣乱舞ミュージカル』が無料で見れる!神サイトはこちら

『映画 刀剣乱舞』は、2019年1月18日(金)から公開されました。

刀剣乱舞のアニメ映画はすでに製作されていますが、実写版は今回が初めてです。しかも、キャストのほとんどが舞台出演者。

超豪華ですね!

ウサギ
実写映画の舞台は、本能寺。刀剣男士に与えられた使命は「織田信長を史実どおりに殺すこと」。あらすじについては、下の記事にまとめています。

⇒映画のあらすじはこちら

 

映画の評判!面白い派の口コミは?

スポンサードリンク

【刀剣乱舞】実写映画グッズ一覧!通販やセブンで買える?

 

次に、ネット上の口コミ評判をまとめてみました。「面白い派」と「つまらない派」の2つに分けて、それぞれ紹介していきます。

現在、映画公開前に付き試写会の感想のみ掲載しています。ネタバレなしなので、未視聴の方も安心してくださいね。

 

面白い派の口コミ

スポンサードリンク

映画 刀剣乱舞最高でした! 落ち着いたのでネタバレにならない程度に感想を3つほど ・ふとももぉ! ・日本号さんかっこよすぎて ・ばみは地上に舞い降りた天使ですか? 以上です! なに書いてもネタバレになりそうだからこれくらいで!

安定の荒牧慶彦氏、今回も作画絶好調 ・舞台の暗闇の中スポットライトを浴びるまんばちゃんも美しさ極まっていましたが、今回は自然光の中の美貌も見所 ・舞台に比べかなり情緒が安定しているような ・今回も布は荒牧氏に華麗にさばかれてた

後の世に残される「正しい歴史」とは何か、歴史のifとは何か、視聴者の我々に訴えかけてくる脚本でした。 時の権力者が定める、焚書、墨書き、禁書、正史の編纂。 後の世に我々が教科書で習っている歴史は、少し「編纂」されたものかもしれないと訴えかけてきます。

引用元:ツイッター

 

ツイートを見てのとおり、映画の前評判はほとんどが高評価。そして、感想の中でも特に多かったのが以下のコメントです。

・全体的にすばらしい

・刀剣男士が美しい

・戦闘シーンかっこいい

・推し刀がいるなら見るべき

・絶対にネタバレなしで見るべき←重要

 

実写映画としては、クオリティが高い作品だと思います。良作です。

私が刀剣乱舞のファンだから、無理に褒めているワケじゃありませんよ?本当に、ストーリーもキャストも、何もかもが素晴らしかったんです。まさに刀剣乱舞の実写映画。

刀剣男士の物語。

 

そして、この映画は絶対にネタバレなしで見るべきです。みんな言ってますが、ココ重要ですよ!映画を最後まで見れば「ネタバレ禁止」の意味がわかりますから!

実写映画『刀剣乱舞』のキャストはこちら

 

演技力とアクションについて

戦闘シーンについては、みんな絶賛しています。キャストが舞台俳優なので、殺陣と演技力はレベルが高いですよ。

 

最後の章「オオタの感想」にも書きましたが、動きが美しいです。刀剣男士たちが、舞うように敵を切るんですよ。

殺陣だけでも、見る価値があります。

 

戦闘シーンのすばらしさは、語るよりも見たほうが早いでしょう。興味がある人は、下の予告動画を再生してみてくださいね♪

▽映画『刀剣乱舞』の本予告▽

 

ネットの評判!つまらない派の口コミ

映画のカチンコを持つひよこ

主題歌『UNBROKEN』の歌詞と意味を考察

次は、映画のマイナス面について調べてみました。

 

「つまらない」というコメントは見かけません。「良くも悪くも特撮」という意見はありますが、それくらいです。

でも、個人的に特撮感はマイナス面じゃないと思うんですよ。カッコイイじゃないですか。特撮。

オオタの感想

映画の感想ですが、最高でした。

まずストーリーですが、伏線回収がお見事。なぜ、○○があんな行動をしたのか。△△は、一体なにを知ったのか。

序盤での謎が、最後にきちんと回収されます。刀剣男士の設定を、上手く生かした作品だと思いました。

あと、最初の「物が語るゆえ、物語」というナレーションも良い。なんか刀剣乱舞っぽい。

 

次に、演技力について。

これも問題なし。アクションも殺陣も、本当にかっこいい。特に三日月。舞うように敵を切り、所作の1つ1つが美しい。例えるなら「蝶のように舞い、蜂のように刺す」って感じです。

 

そして、肝心のラストですが・・・

「こいつは驚きだぜ!」という結末が待っています。

他の方も言っていますが、ネタバレは見ない方がいいですよ。「おおっ!?」と叫びたくなる展開なので、ぜひサニワの皆さんに見て欲しいです!

 

期待をさらりと上回る、面白い作品です。実写映画で、あれだけクオリティの高い作品が見れるとは・・・

良いものを見ました(^^♪

⇒実写映画『刀剣乱舞』まとめはコチラ

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA