映画『シライサン』の都市伝説は実話?元ネタやモデルを考察

スマホを持つ女の子

ホラー映画『シライサン』が2020年1月10日に公開されます!

本作品に登場する『シライサン』は名前を知った人のところに現れる都市伝説です。しかも、目をそらせば殺されてしまいます。

ウサギ
名前を知っただけで幽霊がくるって、理不尽すぎん?
白うさぎ
それな。怖すぎるわ。

 

非常に恐ろしいシライサンですが、この都市伝説は本当に存在するのでしょうか?気になりますよね。

そこで今回は、映画について

・シライサンの都市伝説は実話か

・原作になった都市伝説

・モデル&元ネタは存在するのか

を調べてみました。

映画『シライサン』のあらすじ

親友の突然の死のショックから立ち直れない女子大生・瑞紀(飯豊まりえ)は、弟の変死に直面した少年・春男(稲葉友)と出会う。眼球が破裂し、何かに怯えたように死んでいった彼らの死の真相を探るうちに、二人は理解を超えた戦慄の真実に突き当たる。そして、その名を知ってしまった彼らもまた“シライサン”の呪いに巻き込まれていく。

引用元:https://shiraisan.jp/

主人公・瑞紀と春男は、怪死事件を調べていくうちに『シライサン』の存在へとたどり着く・・・

ホラー系のよくあるストーリーですね。

そしてお約束どおり、理不尽にも呪いに巻き込まれてしまいます。

白うさぎ
ホラー系の主人公って、基本的に巻き込まれ体質だよね。

シライサンとは?都市伝説は実話?

都市伝説の内容

魔法使い
シライサンの特徴
  • 目が異様に大きい女で捕まると死ぬ
  • 「私を知ってるやつを追いかける。そして殺すんだ」と言う
  • 目をそらしたら死ぬ
  • 見ている間は近づいてこない
  • 鈴の音とやってくる

薄暗い通りを歩いていると、鈴の音が鳴り異様に目の大きな“それ”が近づいてきて、自分の名を知っている者を次々と襲う。新たな標的は、この怪談を聞いて“その名”を知ってしまった者たちだ-。 最初は、誰もが“ただの怪談話にすぎない”と思った。しかし“シライサン”はその話を知った者のすぐそばにいて、命を奪う機会を虎視眈々と狙っている…

引用元:https://shiraisan.jp/

実話かフィクションか

結論から言えば、『シライサン』という都市伝説は存在しません。

監督・安達 寛高さんによる完全オリジナルホラーです。

原作なしで、もちろん実話とは関係ありません。

白うさぎ
本当にありそうな都市伝説だから、実際にあるのかと思ったよ。

 

とはいえ、シライサンと似た設定の都市伝説や怪談ならあります。

シライさんのように「名前を知っただけでアウト」とまではいきませんが

・この話を聞くと妖怪が出現する

・名前を呼ぶとアウト

というホラー話はよく聞きますよね?

ウサギ
シライサンと似た都市伝説って多いよね。どれか1つくらいは元ネタ・モデルになってるかも。
白うさぎ
確かに元ネタがいそう。

そこで次の章では、『シライサン』と似た設定の都市伝説を探してみました。

スポンサードリンク

都市伝説の元ネタ&モデルを考察

元ネタ考察①存在を知るとNG!な都市伝説

パソコンとあかちゃん

シライサンは名前を知った人のところに訪れる(という設定の)都市伝説です。

まずは、この設定と似た都市伝説がないか探してみました。

※ホラーが苦手な人のために、詳細は省いています。

テケテケ

下半身のない妖怪(または亡霊)。テケテケの話を聞いた人のところには3日以内にテケテケが現れます。

ババサレ

ババサレの話を聞いた当日の夜、開けた覚えの無い窓が開いていて、窓の外を見ると老婆が立っています。

カシマさん

女性だったり男性だったりと、名前や姿は諸説あります。どの都市伝説でも「話を聞いた人のところに数日以内に現れる」と言われています。

 

「名前を知っただけで妖怪に遭遇する」という都市伝説は少ないですが、「話を聞くとアウト」という都市伝説(または怪談)は山ほどあります。

いわゆる感染系のホラー話ですね。

どのパターンも、うっかり話を聞いただけで呪われるので理不尽ですね!

白うさぎ
感染系のホラー話はたくさんあるので、ここでは一部のみ紹介しているよ。
ウサギ
よく考えたら、貞子も感染系だよね。

ちなみに、上記の都市伝説や怪談は地方・年代によっていろいろなパターンがあります。

気になる人はネットで検索してみてくださいね。都市伝説のタイトルを検索すれば、トップに表示されます。

 

元ネタ考察②目が異様に大きい妖怪

シライサンの特徴その2は「目が異様に大きい女」という点。

そこで、体の一部が異常に大きい妖怪を他にも探してみました。

例:口裂け女

⇒口だけ異常に大きい(というか裂けている)

例:八尺様

⇒身長が2メートル超と異常に高い

その他、顔だけビッグサイズ・黒目が大きい・頭だけ大きいなどいろいろあります。

ベースは人間だけど体の一部が変質している妖怪は、かなり多いのではないでしょうか?

まとめ:シライサン考察

都市伝説の元ネタやモデル

本

シライサンは、監督&脚本の安達 寛高さんによる映画オリジナルの都市伝説です。原作はありません。

また、既存の都市伝説で完全に一致するストーリーはありませんでした(管理人の調べた限りでは)

ただし、似た設定は多数

とはいえ、シライサンと条件が似ている都市伝説(妖怪?)はかなり多いようです。

その中には、元ネタ(モデル)として使われていそうなものもありました。

これは管理人の考察ですが、『シライサン』はいろいろな都市伝説の怖い要素を寄せ集めて、新たに作り出された恐怖の象徴なのかもしれませんね。

白うさぎ
怖そうな要素をぶち込んで生み出された、最強の都市伝説って感じだね。
ウサギ
言い方が雑ぅ!!

補足:監督「乙一」の小説はいいぞ!

映画『シライサン』の監督は、安達 寛高さん。

彼は小説家「乙一」としても活動していて、独特な世界観を描くのがとても上手な作家さんです。

ミステリ・ホラー系だけでなくハートフル系まで幅広い文章を書く作家さんで、かくいう管理人も大ファン。

一度あの世界観につかったら、しばらく抜け出せなくなるレベルで面白いですよ♪

白うさぎ
ミステリー系では「SEVEN ROOMS」「SO-far そ・ふぁー」あたりがオススメ。
ウサギ
ハートフル系なら「きみにしか聞こえない」とかいいよね。

 

ちなみに、乙一さん原作の「きみにしか聞こえない」や「KIDS」は実写映画化されているので、もちろん映像で見てもOKです!

下のU-NEXTという動画サイトで配信されています。

U-NEXTの無料お試しはこちら

※無料で600ポイントがもらえます

 

乙一さんの作品は本当に面白いので、興味がある人はぜひ読んでみてください!

管理人は学生時代、狂ったように乙一さんの作品ばかり読んでいました(笑)

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA