ファンタビ2ナギニ考察|正体やヴォルデモートの関係は?いつから相棒に?

スポンサードリンク

 

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(以下、ファンタビ2)には、ナギニという美女が登場します。

ナギニは『ハリーポッター』シリーズにも登場していましたが、彼女は何者なのでしょうか?

また、いつからヴォルデモートの相棒になったのでしょうか?

今回は、ナギニの正体やヴォルデモートとの関係について考察してみました。

↓ ↓ ↓

⇒『ファンタビ2』のネタバレ感想はこちら

ファンタビ2の「ナギニ」とは?

『ファンタビ2』相関図!クリーデンスは○○だった!

 

『ファンタビ2』に登場するナギニは、蛇に変身できる女性です。

サーカスの見世物でしたが、クリーデンスと一緒にサーカス団を逃亡。その後は、クリーデンスの「自分家族を見つける旅」に付き添っていました。

ナギニの正体は人間

スポンサードリンク

 

「ナギニの正体は、人間なのか蛇なのか・・・どっちが本体なの?」と、疑問に思った人も多いでしょう。

結論から言えば、ナギニの正体は人間です。

人間の女性が、蛇に変身できる能力を持っているんです。

 

ただし、この変身能力は魔法ではなく「呪われた血」によるもの。「呪われた血」を持って生まれたため、最終的には永久に蛇の姿になってしまう運命。

ナギニ本人も、蛇になる運命に気づいていて、プレッシャーを感じているようです。

 

▽ナギニ役「キム」のインタビュー

「これまで観客は分霊箱としての彼女しか見ていないけれど、今回の作品で彼女は傷つきやすく、生きたいと願っている素晴らしい女性ということが分かる。人間として存在し続けたいと願っており、キャラクターに対する以前のイメージからはかなり差があると思う」

「彼女は自分の状況をコントロールできないと感じていて、いつか永遠に蛇に変わってしまう運命にある。だからその時が刻々と迫っているプレッシャーを感じているの」

引用元:https://jp.ign.com/fantastic-beasts-and-where-to-find-them-2/29378/news/

 

ちなみに、動物の姿に変身できる「アニメーガス」とは違い、ナギニは「マレディクタス」という血の呪いを受けた女性です。

呪いは母から娘へと受け継がれるため、生まれた時から蛇になる運命が確定していました。

ファンタビの時系列は?ハリポタの何年前?

実はヴォルデモートの蛇

⇒ファンタビ解説!ストーリーが意味不明だと思った人はこちら

 

ナギニは、前作『ハリーポッター』にも登場しています。

ナギニは大きな蛇で、ヴォルデモートが唯一、愛情を見せた存在。分霊箱なので、当然ながら大切にしていましたが・・・

それ以上に、相棒として信頼されていたようですね。

▽wikiの解説

ヴォルデモートに仕える巨大な雌蛇。ヴォルデモートが最も信頼している生物で、ダンブルドアも「ヴォルデモートが何かを好きになることがあるとすれば、それはナギニである」と語っている唯一愛情に近しい感情を見せた存在。

戦力としても強力な存在で、バチルダ・バグショットになりすましてゴドリックの谷を訪れたハリー達を襲撃したり、スネイプを殺害したりと、ヴォルデモートの命令を忠実にこなす。

ヴォルデモートが危険を承知で分霊箱にした。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

ちなみに、最後にナギニを殺したのはネビルでした。「ハリー・ポッターと死の秘宝」では、ネビルによりグリフィンドールの剣で切られています。

↓ ↓ ↓

ナギニ考察|いつからヴォルデモートの相棒だった?

考察①ヴォルデモートと出会った時期

スポンサードリンク

 

『ファンタビ2』の時点で、ナギニはサーカス団に捕獲されて見世物になっていました。

その後、クリーデンスと親しくなり逃走。

『ハリーポッター』シリーズでは、蛇の姿になってヴォルデモートに仕えていましたよね。

 

では、いつからヴォルデモートに仕えていたのかという疑問がわきますが・・・

正確な時期は不明です。

『ハリーポッター』シリーズで、蛇のナギニ登場したのは「炎のゴブレット」(1995年)だったので、少なくとも1994年までには仕えていたという計算になりますね。

 

ファンタビが1927年。

ハリーポッター(炎のゴブレット)は1995年。

 

この68年の間に、ナギニは完全な蛇になってしまったと考えられますが・・・いったい何があったのでしょうか?

 

考察②前作と別人すぎる!

蛇のイラスト

⇒ティナも心が読めるのか?セリフから考察

「ハリー・ポッターと死の秘宝」では、ナギニはヴォルデモートの命令でスネイプ先生を殺しています。また、他にも多くの魔法使いを粛清しているので、冷徹なイメージがありましたが・・・

でも、『ファンタビ』で人間だったときのナギニを見たところ、ハリーポッターの時のイメージとは真逆でした。人間らしく葛藤する姿もあり、まるで別人。

 

人間性が変わるような、衝撃的な出来事があったという事なのでしょうか?

それとも、蛇になって本来のナギニの人格が失われてしまったのか・・・

 

考察③ヴォルデモートとの関係

ナギニの考察をするうえで、最も謎なのが

なぜヴォルデモートに信頼され、相棒というポジションになれたのか

という点です。

 

コンセプトアートを見た感じだと、母と息子みたいな関係性だったのかなと思いますが・・・

 

とりあえず、年齢差を考えると、恋人関係ではないでしょう。

そもそも、ナギニが人間だった時にヴォルデモートと出会ったのか、それとも、蛇になってから出会ったのか・・・

この点からして、疑問なんですよね。

 

現時点(ファンタビ2まで公開済み)では不明なので、今後、考察ができたら随時追記していきたいと思います。

↓ ↓ ↓

⇒ファンタスティックビースト考察まとめに戻る

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA