コナン映画『紺青の拳』ネタバレ感想と考察②怪盗キッドと蘭ねーちゃん

スポンサードリンク

 

前回に引き続き、2019年のコナン映画『紺青の拳』のネタバレ感想&考察です。

今回は、怪盗キッドと蘭ねーちゃん中心。

⇒ネタバレ感想①京極&園子編はこちら

⇒犯人と黒幕のネタバレはこちら

※映画の核心にはふれていませんが、本編のネタバレを大量に含むので注意!




怪盗キッドのネタバレ感想と考察

その①一番ダメージ量が多いキャラ

映画フィルム

コナン映画『紺青の拳』の評判と口コミはこちら

”怪盗キッド”は、映画『紺青の拳』におけるキーパーソンの1人。

今回、彼は犯人にハメられて殺人の濡れ衣を着せられました。しかも、映画内で一番ダメージを受けてたキャラかと思います(^^;

 

映画の序盤から

・テーザー銃(スタンガンの一種)で撃たれる

・水攻めされる

・京極真に襲撃されて腹に一発くらう

などなど・・・

 

散々な目にあってますね!

あと、コナン君に足踏まれたり。さすがに、今回はポーカーフェイスが崩れていました。

白うさぎ
とはいえ、怪盗キッドは致命傷は避けて生き延びてるから驚き。普通の人間なら死んでるわ。

 

怪盗キッドは、ボロボロにされても反撃を忘れない精神が素敵。「やられたらやり返す!倍返しだ!」な感じで参考になりますね!(何の参考だよ)

 

京極さんの印象は「強すぎる」でしたが、怪盗キッドは「しぶとい」の一言につきます。

ロボ
京極とキッドは、もはや人間卒業してる。

 

怪盗キッドは散々な目にあっていますが、映画本編ではかっこいいシーンが盛りだくさんです!なので、ぜひキッドファンは劇場でご覧下さいませ♪

 

その②怪盗キッドのスーツケース

スポンサードリンク

 

一点、ツッコミたい部分があったので語ります。

映画公開前の話になりますが、『紺青の拳』の公式サイトを見たところ「コナン君は奇術的な方法でシンガポールに連れ去られてしまう」との説明が書かれていたんですよ。

これを読んで、私は「どんな摩訶不思議な方法なんだろう!」とワクワクしていたのですが・・・

 

特殊なスーツケースで運ぶという、単純な方法でした(^^;

 

このスーツケースが大変優れもので、中身をごまかしつつ酸素供給もしてくれるらしい。X線を阻害するんだったか・・・とにかく、超高性能。

 

わー、すごーい!と思ったのですが・・・

これ、奇術じゃないよね?科学力の勝利だよね?と、内心突っ込みを入れていました(笑)

 

思えば、今回の映画ってこういう部分が多いんですよ。インパクトはあるけど、設定がぶっ飛んでたりミステリー作品の基本を無視してたり。

アクション映画としては楽しめるけど、推理映画としてはイマイチ。

 

でも、客層を考えると、この辺はどうしようもないのかなと思いました。コナン映画は子供も見るので、ミステリー要素にこだわるよりも派手なアクションやインパクトのあるシーンを入れたほうが、きっと喜ばれるのでしょうね。

蘭のネタバレ感想と考察

映画館ケット前売り

コナンの歴代映画を無料で見れるサイトはこちら!

蘭ねーちゃん、やっぱり強いですね!後半の戦闘シーンがかっこよかったです(^^♪

 

しかも、蘭はキッドの変装にしっかり気づいてました。映画のオープニングあたりから、キッド(工藤新一に変装中)の顔をガン見するシーンがあったので、最初から疑ってたのでしょうね。

多分、あれが伏線だったのかと。

 

そして、ラストではちゃんと警察に通報してます。「絶対にはなさないんだから!」とキッドの腕をしっかり掴んでるのが可愛い。

ロボ
結局、逃げられたけどね。

 

あと、蘭とキッドがイチャイチャしてるのを見て、コナン君がギリィってなるのも可愛かった。

スーツケースで運ばれてるときも、中からガンガン蹴ってましたね(笑)

白うさぎ
今回、みんな可愛い。

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA