コナン映画『紺青の拳/フィスト』ネタバレ感想①京極真&園子について

スポンサードリンク

 

こんにちは、オオタです!

2019年のコナン映画『紺青の拳(フィスト)』が公開されましたが、あなたは見ましたか?

ツイッターでは映画公開の初日から「京極真がかっこいい!強すぎる!」というコメントがあふれていて、気になった人も多いようですね。

 

私も初日に見てきたので、感想をザックリまとめました。今回は、タイトルのとおり京極真&園子が中心です。

⇒ネタバレ感想②怪盗キッド編はこちら

⇒犯人と黒幕のネタバレはこちら

※ネタバレが多いので、映画視聴後に読むのがオススメです。

京極真のネタバレ感想と考察

その①強すぎる

ネタバレひよこ

『紺青の拳』の評判は?口コミまとめ

というワケで、まずはキーパーソン”京極真”の感想から。ツイッターでも散々言われていますが、文句なしに最強でした(笑)

 

どれくらい強いかというと、オープニングの時点で

・チンピラを最小限の動きで倒す

・硬そうなオブジェを片手で破壊

という、人間離れしたワザを繰り出し・・・

 

後半では「サイヤ人かな?」という強さで、大人数をサクサク倒していくチートっぷり。

強すぎる。

もはや空手じゃない。

 

しかも、最後は「もう決して、あなたを離しません」と言いながら、園子を背負った状態で敵を倒してましたね。

白うさぎ
まさかのおんぶ

 

このセリフは映画のキャッチコピーにも使われていましたが、私は「ずっと傍にいます」的な意味だと思ってたんですよ。

でも、おんぶだったので予想外でした(笑)

 

距離的な意味じゃなくて、物理的な意味!!おんぶしながら戦うヒーローって斬新だなぁ。

 

そして、ラストでは京極さんが再び武者修行に。確か、今度はアメリカに行くって言ってました(ウロ覚え)

白うさぎ
これ以上強くなってどうするんだろ。

スポンサードリンク

 

その②世界最強が素直すぎる

実を言うと、映画の途中から「京極さんが強すぎて、逆に犯人グループがかわいそう」と心配しながら見ていたんですよ。

なにせ、京極さんが強すぎて勢力のパワーバランスが狂ってるから。

 

なので、その辺をどう処理するのかなーと思っていたら・・・

まさかの、拳をミサンガで封印するという謎の流れでした(笑)

シリアスなシーンですが、ちょっと笑いました(^^;

 

犯人の「ミサンガが切れるまで、拳をふるっちゃダメだよ!」という説得?を聞いて、京極さんは信じちゃうんですよ。世界最強なのに、あっさり拳を封印されてしまいます。

白うさぎ
ちょっと素直すぎませんか!?

 

その③ラブラブすぎる

オープニングからエンディングまで、京極さんはずっと園子とイチャイチャでした!すれ違いから園子に怒られても、自主的にセコムしてる姿は本当にかっこいい。

園子が大好きなんだなと実感するシーンが多数あって大満足です♪

 

そして、オデコの絆創膏の下に、園子と撮ったプリクラを貼ってるのがまた可愛い。アクションと胸キュンにあふれた映画でした・・・!

 

ただ、個人的には京極VSキッドを期待していたので、もっと対決シーンを多くしてほしかったなぁと。

白うさぎ
それだけが心残り。

園子のネタバレ感想と考察

映画のカチンコを持つひよこ

園子は、とにかく「京極さん大好き!かっこいい!」という気持ちが伝わってくる感じでしたね。可愛かったです。

コナン君とキッドは「京極さん強すぎ!怖っ!」ってなるけど、園子はひたすら「カッコイイカッコイイ」って褒めてて、もう相思相愛だなと思いました。

2人が幸せそうで何よりです(^^

 

それにしても、今回の園子はかなり怖い体験をしてますね。

何度もチンピラに絡まれたり

車にはねられたり

おんぶ状態で戦闘シーンに巻き込まれたり

 

オンブ中はずっと悲鳴をあげていましたが、よほど怖かったんだろうなと(^^;

白うさぎ
私が園子だったら、怖くて意識が飛びますね!

⇒ネタバレ感想②怪盗キッド編はこちら

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



<script>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA