【ハウルの動く城】ソフィーのその後!原作小説は結婚して子供もいる?

スポンサードリンク

 

ジブリ映画『ハウルの動く城』。

この映画では、ソフィーという女の子が魔法で90歳のお婆さんへと姿を変えられてしまします。

ラストシーンでは無事に元の姿に戻り、これからもハウルと2人で、幸せに暮らしていく・・・というところで、物語が終わりますよね。

しかし!

実は『ハウルの動く城』には続きがあるのです。

 

今回は、ソフィーとハウルは、その後どうなったのか。結婚や子供はどうなったのか。そして、ハウルは浮気していないのかなど・・・

映画以降の2人のストーリーについて紹介していきます。

ハウルの動く城に続編はあるの?

ハウルの動く城の原作

ハウルの動く城ポスター

引用元:http://www.ghibli.jp/works/#howl

ハウルの動く城でソフィーの呪いはいつ解けた?

 

スタジオジブリが制作した『ハウルの動く城』には、続編やスピンオフ作品がありません。つまり、この映画1本のみで完結しているワケですね。

でも、この映画には原作があります。

『魔法使いハウルと火の悪魔』という、イギリスの作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズが執筆したファンタジー小説が元ネタなんです。

ジブリ映画『ハウルの動く城』は、この小説を元に作られました。

 

続編のストーリー

原作小説『魔法使いハウルと火の悪魔』には、続編として

・『アブダラと空飛ぶ絨毯』
・『チャーメインと魔法の家』

の2作があります。

続編でもハウルとソフィーは登場しているので、2人のその後は、2作目以降を読むと知ることができます。

 

▽2作目のあらすじ▽

魔神にさらわれた姫ぎみを助けるため、魔法の絨毯に乗って旅に出た、若き絨毯商人アブダラは、行方不明の夫ハウルを探す魔女ソフィーと出会い…?
スタジオジブリのアニメーション映画「ハウルの動く城」原作の姉妹編。本物の空飛ぶ絨毯、願い事をかなえてくれる瓶の中の精霊、砂漠の盗賊、雲の上に棲む魔神など、絢爛豪華なアラビアンナイトの世界で展開する魔法譚。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

 

原作小説の日本語訳は、単行本(1997年出版)と文庫版(徳間文庫)が出版されています。今から読む人は、上で紹介している文庫版の方が安いのでおすすめですよ。

▼ジブリ好き必見!▼

>> メアリと魔女の花の見逃し配信はこちら <<

ハウルとソフィーのその後は?

次に、ハウルとソフィーのその後について見ていきましょう!2人はどんな風に過ごしているのでしょうか?

 

実は結婚して子供もいた

スポンサードリンク

 

原作小説『魔法使いハウルと火の悪魔』の後に執筆されたのが、シリーズ2作目の『アブダラと空飛ぶ絨毯(じゅうたん)』です。

2作目で、ハウルとソフィーはすでに結婚して子供もいました。

つまり、1~2作目の間に結婚したのでしょうね。

 

ちなみに、2作目の主人公はアブダラという商人ですが、ハウルやソフィーもガッツリ出てきます。1作目のファンには嬉しいストーリーですね(^^♪

ハウルの動く城でソフィーが若返る(元に戻る)理由は?

 

子供のモーガンとは?

ハウルとソフィーが結婚したその後。

2人の間に生まれた子供は、モーガンという男の子でした。

子供の設定や詳細については、できれば原作小説を読んでほしいところですが・・・

「忙しいから無理!」という人もいますよね?

 

そこで、この章では子供(モーガン)が生まれた時の様子や、設定について簡単に紹介します。

※以下、原作のネタバレを大量に含むのでご注意を。

ソフィーの子育て事情!子供の設定も

魔法の本

ジブリ映画が無料で見れる方法!DVD借り放題のサービスはこちら

ハウルの動く城シリーズ2巻の『アブダラと空飛ぶ絨毯』では、ハウルやソフィーの姿が変えられています。

魔法をかけられたせいで、

  • ハウル → ランプの魔人
  • ソフィー →
  • カルシファー → 空飛ぶ絨毯

になってしまったのです。

 

ハウルがね、油断しちゃったんですよ。その結果、魔法にかけられちゃったワケですね(^^;)

 

ちなみに、ソフィーだけはハウルの魔法によって猫の姿に変えられています。ハウルはソフィーのことを守ろうとして、その結果、猫の姿になってしまいました。

 

でも、猫の姿になったソフィーのお腹には、すでに子供(モーガン)がいたんですよ。

 

だから、ソフィーは猫の姿のままで、子供を1人で出産しました。

その後も、人間の姿に戻るまで、ソフィーは猫の状態で子供を育てたんです。

(ちなみに、その後はちゃんと人間の姿に戻れました)

メアリと魔女の花の見逃し配信は?無料で見れるサイトはある?

原作小説は読むべきか?

スポンサードリンク

 

ところで、この記事を読んで「ハウルとソフィーのその後がもっと知りたい!よし、原作小説を読もう!」と思ってくれた人もいるのではないでしょうか?

『ハウルの動く城』の魅力が少しでも伝わったのなら、オオタはとても嬉しく思います(^^♪

 

でも、映画を見た後に小説を読む場合、1つだけ注意点があります。

というのも、原作と映画版は違いが多いのです。

 

特に、映画版のかっこいいハウルを期待して原作小説を読むと、ちょっとガッカリするかもしれません。

その理由ですが、ハウルは 映画の方がイケメン なんですよ。

 

原作のハウルは、映画版よりも人間くさい性格というか・・・

性格がひねくれていて、ヘタレっぽいところがあります。実際に原作を読むとわかりますが、とんでもないセリフを言ってますよ(^^;)

 

私は原作読破済みですが、「ハウル、どんだけ性格悪いのさ!?」と、ツッコミを入れるシーンが多々ありました(笑)

(でも、いざという時はかっこいいんですけどね!)

 

あと、ソフィーもキャラが違います。映画版の方は乙女度が高いですが、原作のソフィーは、しっかりした強い女性のイメージでした。

特に、続編では子供がいるので、肝っ玉母さんぶりを発揮しています。

見比べた感想としては、「原作小説と映画は全く違う作品」だと思ったほうが良いかもしれません。

まとめ

『ハウルの動く城』には原作小説があり、原作の続編では、ソフィーとハウルの間に子供が生まれています。

2作目ですでに妊娠していたので、1~2作目の間に、結婚して子供を作ったようですね。

いろいろ事件もありますが、2人で仲良く暮らしているようです。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました(^^♪

⇒ジブリ考察まとめはこちら

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA