バックナンバー『大不正解』の歌詞と意味は?銀魂2実写の主題歌情報

スポンサードリンク

 

映画『銀魂2』のを歌うのは、スリーピース・バンドとして活躍する『back number』(バックナンバー)。

曲のタイトルは『大不正解』で、映画のために書き下ろした曲なんですって!

そこで今回は、『大不正解』の歌詞やタイトルの意味について調べてみました。変わったタイトルですが、どんな意味があるのでしょうか?

銀魂2の主題歌はバックナンバーの新曲

銀魂の実写映画を無料で見れるサイトは?テレビ放送はいつ?

 

銀魂2の主題歌を歌うのは、人気バンドの『back number(バックナンバー)』

楽曲のクオリティが高く、注目度も高いスリーピースバンドです。

タイトルは『大不正解』で、映画のために書き下ろした曲なんですって!

 

『バックナンバー』の清水依与吏さんは、以前から「銀魂」が大好きで、ジャンプで毎週漫画を見ているそうです。

そのため、インタビューでは「友人に、友情をテーマに曲を書くかのようなこそばゆさを感じる」と語っていました。

思えばジャンプで掲載されてから毎週『銀魂』に触れているわけですから、なんだか14年来の友人に友情をテーマに曲を書くかのようなこそばゆさを感じつつも、純粋に嬉しかったし、楽しみながら作れました。
自分達の中にある『銀魂』の世界と、実際の人生の中での『銀魂』な瞬間を、あまり踏み込んだことのない領域の熱量で歌えたと思います。

引用元:https://natalie.mu/music/news/289423

 

ちなみに、バックナンバーの皆さんは、映画のためにデモを数曲用意してくれたそうです。

デモをいくつか作って、その中から、今回の映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』に、一番ピッタリな曲を選んだのだとか。

1つの映画のために、曲をいくつも用意するって、どう考えても時間がかかりますし、作業量もかなり多くなるはずです。気合が入ってますね( ゚Д゚)!!

実写映画主題歌への反応

スポンサードリンク

銀魂『将軍接待篇』のあらすじ!漫画何巻でアニメは何話?

 

私は『銀魂2 掟は破るためにこそある』を映画館で見てきたのですが、本編もエンディング(大不正解)も文句なしの出来栄えでした。

この記事の後半で説明していますが、歌詞を聴いていると、映画のストーリーが脳内再生されますよ!

銀魂2で伊東鴨太郎/さっちゃん/将軍の実写キャストは誰?

大不正解のCD発売日とジャケット

  • タイトル:大不正解
  • 発売日:2018年8月22日
  • 収録曲:大不正解、強化書、ロンリネス

大不正解の歌詞と意味を考察

僕らは完全無欠じゃない 原型を愛せる訳でもない

この無様に移ろう形を 安い化けの皮を

噛みつき合い 剥ぎ取り合って

互いを見つけてきたんだろう?

補い合うのなんざごめんなんだ さあ好きに踊ろうぜ

 

なにを作るつもりなんだ

自分で散らかした瓦礫の上

同じものを欲しがって同じ時を過ごしたのが運の尽き

縁が目に見えりゃもうきっと腐ってる

言葉は二層 面もそう 仏の顔だって三度までを

天文学的に超えてくる

華麗なステップで

 

僕らは完全無欠じゃない 原型を愛せる訳でもない

この無様に移ろう形を 安い化けの皮を

噛みつき合い 剥ぎ取り合って

互いを見つけてきたんだろう?

補い合うのなんざごめんなんだ さあ好きに踊ろうぜ

 

誰になろうとしているんだ

最後はいつも自分を疑わないのに

背中合わせ 槍の雨 道連れ 泥舟 大当たり

地獄の果てでもとは言ったけど

本当に連れてくんなよ

 

僕らは完全無欠じゃない 原型を愛せる訳でもない

この無様に移ろう形を 安い化けの皮を

噛みつき合い 剥ぎ取り合って

互いを見つけてきたんだろう?

補い合うのなんざごめんなんだ さあ好きに踊ろうぜ

 

暑苦しいのなんざごめんなんだ

まぁ好きに呼べばいい hey!

⇒映画『銀魂2』の感想はコチラ

 

『大不正解』を最初に聴いた感想ですが・・・

 

めっちゃ銀魂でした。

すごく銀魂っぽい歌詞です。

銀魂2の主題歌としてふさわしい。

この歌詞を作った『back number』は、銀魂をかなり読み込んだのだと思います。

 

特に、2番のこの歌詞↓

背中合わせ 槍の雨 道連れ 泥舟 大当たり

地獄の果てでもとは言ったけど

本当に連れてくんなよ

銀さんっぽくて、個人的に大好きです。

 

最初の「背中合わせ」「槍の雨」「道連れ」「泥舟」という、言葉の選び方が素晴らしい。

「背中合わせ 槍の雨」というフレーズだけなら、他のバトル漫画にも当てはまる内容なんですよ。

でも、その後ろに「道連れ 泥舟」というフレーズが付いているので、銀魂の歌だとわかりますね。

私はこのフレーズを聞いただけで、銀さんの戦闘シーンが脳内で再生されました(笑)

 

白夜叉時代の銀さんっぽくも聞こえますが、映画のストーリーを考えると、万事屋と新選組のメンバーが好き放題に戦っているイメージなのだと思います。

 

あと、サビの最後の歌詞も好きですね。

補い合うのなんざごめんなんだ さあ好きに踊ろうぜ

万事屋と新選組の関係って、まさにコレですよ。

 

「困ってるなら助けてやるけど、俺たちは好きにやるぜ!」みたいな感じの関係。慣れ合う気なんて一切ない。そんな感じです。

もう何もかもが銀魂っぽい曲で、オオタは大満足です!

タイトルの意味は?本編とリンクしてる?

スポンサードリンク

 

ところで、タイトルの『大不正解』って、どんな意味なのでしょうか?

気になったので、実際に辞書で調べてみたところ・・・

「大不正解」という言葉は存在しませんでした。つまり、これはバックナンバーの造語なのでしょう。

 

意味としては、恐らく ”大正解” の逆。

つまり、”大間違い” ”大ハズレ” のような意味が込められているのだと思います。

 

ここで、銀魂2の正式なタイトルを思い出してください。

銀魂2 掟は破るためにこそある」なんですよ。

掟とは、皆のルールであり、本来は守るべきもの。それを破るのは、本来やってはいけないこと。つまり、間違いですよね。

でも、銀魂2では「掟は破るためにこそあるんだ!」って言ってるんですよ。

 

つまり、間違っていてOK。『大不正解』で良いってことですよね。歌詞だけでなく、タイトルも映画の内容と完全にリンクしています。

何から何まで銀魂っぽい、素晴らしい曲です。

『銀魂2』まとめに戻る

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA