ファンタスティックビースト考察|ティナも心が読める?学校はどこ?

スポンサードリンク

 

『ファンタスティックビースト』のメインキャラクターで、ヒロインの ”ティナ”。

妹のクイニーは心が読める魔法使いですが、ティナはどうなのでしょうか?また、どこの魔法学校に所属していたのでしょうか?

今回は、ティナについて考察してみました。

ファンタスティックビーストのティナとは?

 

View this post on Instagram

 

Fantastic Beastsさん(@fantasticbeastsmovie)がシェアした投稿

・名前:ポーペンティナ・エスター・ゴールドスタイン

・出身:アメリカの魔女

・家族:妹のクイニー。両親は子供のころに他界。

・仕事:アメリカ合衆国魔法議会で勤務

 

ティナは『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』のヒロインで、メインキャラクターの1人。クイニーという色っぽい妹がいて、とても兄弟仲が良いです。

アメリカ人の魔女で、正義感が強く聡明で落ち着いた女性。しかし、その一方で「感情的で愛と勇気にあふれている」という面もあります。

もともとは闇払いだったのですが、仕事中に一般人の前で魔法を使ってしまい左遷されました。

映画『ファンタスティックビースト』の無料視聴はこちら

魔法学校は?どこの出身?

ティナとクイニーの母校は、イルヴァーモーニー魔法魔術学校

イルヴァーモーニーはアメリカの魔法学校で、クイニーによると「世界一の魔法学校」との事です。

(ただし、ニュートには「世界一の魔法学校はホグワーツだ」と否定されていますが・・・)

 

ちなみに、ファンタスティックビーストの未公開シーンでは、ティナとクイニーが校歌を歌うシーンもありました。

映画『ファンタスティックビースト』のストーリーを詳しく解説!

ティナも心が読める?

スポンサードリンク

 

『ファンタスティックビースト』のラストでは、ニュートがティナに「魔法生物の本を出したい」と言うシーンがありましたよね。

この本こそが、後にホグワーツの教科書にもなった『幻の動物とその生息地』で、Amazonでも実際に販売されています(笑)

 

とはいえ、『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』の時点では、『幻の動物とその生息地』は販売されていません。

しかし、ティナは本のタイトルを言い当てます。まだ出版すらされていない本なのに、なぜか彼女はタイトルを知っていたのです。

このシーンを考察するに、ティナも妹のクイニーと同じく、心が読めるのかもしれませんね。

 

ちなみに、ニュートとジェイコブが彼女の家に泊まった時も、ティナは会話中にフォローをいれていました。最初は「気遣いのできる女性なのかな?」と思っていましたが、あの時も心を読んでいたのかもしれません。

ファンタビ続編でダンブルドアの年齢は?

「心を読める=レジリメンス」なのか?

ファンタスティックビーストの時系列は?ハリポタから何年前の話?

 

ところで、ハリーポッターの世界には「レジリメンス」という呪文があるのを知っていますか?

いわゆる「開心術」で、相手の記憶や思考を読み取ることができる呪文です。

 

クイニーが相手の心を読めるのは、レジリメンスの達人だからかな・・・と思いきや。公式の説明には「クイニーは心を読むことができる魔法使い。」と書いてあるんです。

という事は、クイニーが心を読めるのは、呪文ではなく元々の体質(素質?)なんでしょうね。

そもそも、クイニーは呪文なしで相手の心を読んでいますし、ニュートなら閉心術を使って防げるはずです。

 

ちなみに、ハリーポッターシリーズでは、スネイプ先生が「レジリメンス」の呪文を使っていました。『第5巻 不死鳥の騎士団』に収録されています。

下の方法なら『不死鳥の騎士団』を0円で視聴できるので、もう1度ハリーポッターシリーズを見たい人はどうぞ♪

⇒ファンタスティックビースト考察まとめはコチラ

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA