アルキメデスの大戦は実話?フィクション?櫂直のモデルは実在する?

人気コミック『アルキメデスの大戦』が実写映画化されました!

舞台は1930年代の日本。歴史的背景や当時の政治経済がリアルに描かれていますが・・・

 

これって、実話なのでしょうか?

また、主人公である天才数学者・櫂直(かいただし)は実在するのでしょうか?

 

今回は『アルキメデスの大戦』について

・ストーリーは実話かフィクションか?

・櫂直(かいただし)のモデルは?

を調べてみました。

映画『アルキメデスの大戦』の原作

映画『空母いぶき』は実話?モデルは実在する?

映画『アルキメデスの大戦』の原作は、同名のコミック。現在『ヤングマガジン』で連載中です。

※画像タップで販売店サイトに移動

 

原作者の三田紀房先生は、『ドラゴン桜』や『砂の栄冠』などで知られる人気作家!

さらに、映画で天才数学者・櫂直(かいただし)を演じるのは菅田将暉さん。原作もキャストも豪華ですね♪

白うさぎ
原作を読んでみたけど、凝った設定でかなり面白かったよ。

映画のストーリー

フリーの戦艦

1930年代、対米開戦を視野に入れた大日本帝国海軍の司令部は、戦艦大和を建造し、日本の国威を世界に示すという計画を立てていた。

その計画に反対する海軍少将・山本五十六(舘)は、帝国大学100年に1人の逸材、アルキメデスの再来と称される天才数学者・櫂直(菅田)を引き入れる。

櫂は数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる建造費の見積額に矛盾を発見。軍部の陰謀を暴こうと動き出す。

引用元:https://eiga.com/news/20190517/5/

 

舞台は1933年。

この頃、日本の海軍では戦艦大和を建造する計画を立てていました。

 

しかし、海軍少将・山本五十六は「予算の無駄遣い」として作戦に反対。

そこで天才数学者・櫂直(かいただし)を引き入れ、軍部の陰謀を暴こうとします。

 

「戦艦大和VS天才数学者」という、珍しいテーマの作品です。

ウサギ

キャッチコピーは「これは、数学で戦争を止めようとした男の物語。」

⇒映画『ワンピース スタンピード』前売り券の買い方はこちら

実話(史実)かフィクションか

スポンサードリンク

 

『アルキメデスの大戦』は実話ではありません。

原作では、歴史的背景や政治経済についてリアルに描かれていますが、史実とは関係ない話です。

 

内容がリアルなので実話だと思った人もいるようですが・・・

あくまでフィクションです。

白うさぎ
原作漫画にも「この物語はフィクションです」と書かれているよ。

櫂直(かいただし)は実在する?モデルは?

櫂直とは?

⇒乃木坂46出演!ドラマ『ザンビ』の視聴はこちら

 

『アルキメデスの大戦』に登場する櫂直(かいただし)。映画はもちろん、原作にも登場します。

▽櫂直のキャラ設定

本作の主人公。元東京帝国大学数学科の生徒。22歳。

英語やドイツ語を含む複数の語学にも堪能な上、数学的な発想に優れた天才として周囲の期待を集めていた若者。尾崎財閥の令嬢の家庭教師をしていたが、令嬢とのスキャンダルを疑われて退学に追い込まれた結果、日本に嫌気が差し、アメリカに留学しようとした矢先に、平山中将の巨大戦艦建造計画を阻止するために、山本五十六から海軍に誘われる。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%A4%A7%E6%88%A6

 

天才数学者であり語学も堪能。おまけに人心掌握能力も持つすごい人物です。

ウサギ
多方面で天才。さらに顔もいい。チート設定だね!

 

実在する人物か?モデルは誰?

櫂直(かいただし)について調べたところ、架空のキャラクターで実在しないようです。

モデルも調べましたが、特に情報はありませんでした。

白うさぎ
三田紀房先生のインタビューも調べたのですが、「モデルは○○」という明確な情報はナシ。

 

ただし、登場キャラクターの山本 五十六(やまもと いそろく)や永野 修身(ながの おさみ)は実在します。

 

山本 五十六は、実在した日本の海軍軍人。第26、27代連合艦隊司令長官で、最終的には元帥海軍大将にまで昇級したすごい人物です。

映画では舘ひろしさんが演じるので、楽しみですね♪

 

ちなみに、造船会社の社長・大里清は笑福亭鶴瓶さんがモデルです。

 

そっくりですね(笑)

鶴瓶さんをモデルにキャラを作り、実写映画でも鶴瓶さん本人が演じてくれます。

白うさぎ
ある意味、完璧な実写キャストだね。何せモデル本人が演じるワケだから。

まとめ

映画『アルキメデスの大戦』は、三田紀房先生の同名マンガが原作です。

1930年代の日本を舞台にした作品ですが、内容はフィクション。実話ではありません。

 

内容がリアルなので「実話ベースのノンフィクションでしょ?」と思う人もいますが、三田紀房先生のオリジナル作品です。

白うさぎ

フィクションであれだけリアルな描写って、本当にすごい。

 

また、登場キャラクターの櫂直(かいただし)も実在しません。モデルについては、情報はありませんでした。

ウサギ
でも、大抵のキャラってモデルがいるよね。櫂直のモデルって誰なんだろう。

 

ただし、山本 五十六などの一部キャラクターは実在します。また、造船会社の社長役はモデルになった笑福亭鶴瓶さん本人が演じています。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

↓電子書籍で読むならコチラ↓

今ならマンガ1巻が無料!

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事

1 個のコメント

  •  平成23年に没した私の父はかつて海軍兵学校在籍中にカリエスを罹患し療養したまま終戦とになった人です。戦後に東大も出ています。その父にかつて天才について質問したとき、二人だけ遭った。その一人は兵学校の同級生で数学の天才だと言っていました。名前は聞きませんでした。あの時代は能力が要請する力よりも国を思う心のほうが勝ったのかと思いました。これから映画を見ます。

  • じんちゃん にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA