【アナと雪の女王2】母親イドゥナの正体は?謎をネタバレ考察

anayuki2

エルサとアナの母親・イドゥナ。

前作では登場シーンが少なかったキャラクターですが、今回は大切な役割を持っています。

そこで今回は『アナと雪の女王2』において、母親・イドゥナの謎を考察しました。

言うまでもなくネタバレ満載です。

エルサの母親・イドゥナとは?

母親・イドゥナの設定

本

アレンデールの王妃であり、エルサとアナの母親。娘たちを愛し、心から大切にしていた優しい女性です。

しかし船旅の途中で事故にあい、帰らぬ人となりました。

『アナと雪の女王2』の追加要素

エルサが身に着けているショールは、母親・イドゥナの形見。

このショーツに描かれる模様が、『アナと雪の女王2』において重要なカギとなります。

また、ストーリーの中盤ではずっとエルサを助ける方法を探していたと判明します。

白うさぎ
イドゥナみたいな母親は、子供の理想だよね。超優しい。

『アナと雪の女王2』で判明!イドゥナの正体とは?

母親・イドゥナの正体

『アナと雪の女王2』では、アレンデール人のほかにノーサルドラという種族が登場します。

ノーサルドラは森の中で、自然の恵みによって生活する種族。

昔話では、かつてアレンデールと争ったと伝えられていますが…

母親・イドゥナの正体はノーサルドラ。

しかも由緒正しい家系に生まれたようです(『アナと雪の女王2』本編・イエレナの台詞より)

つまり前国王とイドゥナは、種族の壁を越えて結婚したワケですね。

ウサギ
愛が尊い!
白うさぎ
「ノーサルドラとの争いって何?」という人は、先に下の記事を読むとわかりやすいよ。
アナ雪

『アナ雪2』ネタバレ解説!結末の意味がわからない人向けに説明

なぜ正体がわかったのか?

「エルサの母親=ノーサルドラ」という新事実がわかったのは、物語の序盤。

エルサたちがノーサルドラの森を訪れた時です。

ノーサルドラのリーダーは、エルサが身に着けていた”母親の形見のショール”を見て、そこに描かれた模様がノーサルドラの由緒正しい家系に伝わるものだと気づきます。

ショールを見たノーサルドラたちは警戒を解き、両者はすぐに和解しました。

ウサギ
つまりエルサとアナは、両種族のハーフだね。

スポンサードリンク

父親を助けた”謎の少女”の正体

エルサの父親であるアグナル国王は、ノーサルドラと争った時に謎の少女に命を救われました。

アグナル国王を助けた謎の少女の正体。それはイドゥナでした。

つまり彼女は、戦争中にも関わらず敵を助けたのです。

白うさぎ
敵の王子を助けるって、すごくない?僕だったら人質にとるよ。
ウサギ
エルサの母親、優しすぎるよ!めっちゃ良い人だよ!

『アナ雪2』の小ネタと裏話まとめ!雑学トリビアで2倍楽しもう

父親と母親が旅に出た理由

船旅

『アナと雪の女王』では、ストーリーの序盤でエルサの父親・母親が亡くなります。

その理由は海難事故だったのですが…

そもそも、両親はなぜ船旅に出たのでしょうか?国を留守にしてまで、どこに向かっていたのか気になりますよね。

 

『アナと雪の女王2』によると、父親・母親が向かったのは”アートハラン”という場所。

船旅の目的は「エルサの力の”答え”を見つけるため」だったようです。

 

この事実がわかるのは『アナと雪の女王2』のストーリー中盤。エルサ・アナ・オラフが森を出て、荒野を歩いている時です。

目の前に難破船を発見して中を調べた結果、父親・母親が乗っていた船だとわかるのですが…

事実を知ったエルサは「私のせいで両親が死んだ」と落ち込みます。

白うさぎ
エルサ悪くないよ…事故だから…
ウサギ
エルサは責任感が強いし、多分いろいろな重圧に耐えている子なんだよ。だから尚更、自分を責めるんだろうね。

考察|母親・イドゥナって精霊と関係あるの?

娘のエルサは、正体が精霊

『アナと雪の女王2』では、エルサの正体が第5の精霊だったとわかります。

詳しくは下の記事『エルサの正体ネタバレ』で解説していますが、エルサは氷(雪?)を司る精霊と同じ存在です。

アナ雪2の考察|エルサの正体をネタバレ解説!なぜ歌声が聞こえたの?

 

イドゥナは人間だが、精霊のパワーを借りられる

エルサ=精霊という設定について

エルサが精霊なら、母親・イドゥナも精霊なの?
ひょっとしてイドゥナの正体も第5の精霊?

と思った人もいるでしょう。

アートハランの内部でエルサの記憶が映し出された時も、母親・イドゥナの姿は大きく描かれていました。

 

しかし、母親・イドゥナは氷の魔法を使えません。

なので精霊ではなく人間のはず。

精霊から力を借りることはできるけど、本人が魔法を使えるワケではないのかなと思います。

ただし完全な一般人ではなく、いろいろな特殊設定を持っているようですね。

イドゥナの設定
  1. ノーサルドラの由緒正しい家系(本記事の2章参照)
  2. 心が清らかで優しい(本記事の3章参照)
  3. 精霊と会話ができる
  4. 精霊に好かれているため、精霊の力を借りることができる
白うさぎ
こうして見ると、イドゥナってチートキャラだね。
ウサギ
まるで古代の巫女みたい。

 

ノーサルドラの中でも血筋がよく、心優しいイドゥナ。そんな彼女だから、精霊と心を通わせる能力を得たのかもしれませんね。

エルサと違って魔法は使えませんが、イドゥナもまた特別な人間だとわかります。

スポンサードリンク

イドゥナの記憶が特別だった理由

エルサが”アートハラン”の内部に入った時、氷に覆われた部屋でイドゥナが登場しますよね。

氷の壁面に、イドゥナが大きく映し出されるシーンなのですが…

あの映像は本人ではなく“イドゥナの記憶”がエルサに伝わったのでしょう。

何せアートハランは、全ての記憶が保存される場所ですから。

白うさぎ
でも、何でイドゥナの記憶だけ特別扱いされたのかな?

 

イドゥナの記憶がだけが特別扱いされる理由として、考えられるのは

  1. 特別な人間だから
  2. 精霊がイドゥナに好意的だから
  3. イドゥナの”思い”が強かったから

の3つでしょうか。

理由としてはどれもありですが、ストーリー的には③の「思いが強かったから」が妥当かなと思います。

強い思いを残していて大切な記憶だったから、アートハランがイドゥナの思いに答えたのだと予想します。

\ディズニー動画サイトはこちら/

期間内に解約すれば0円!

まとめ

本と言葉

エルサの母親・イドゥナの正体はノーサルドラ。彼女はノーサルドラの由緒正しい家系に生まれました。

白うさぎ
優しさ・母親である責任感・愛情にあふれた女性だよね。
ウサギ
敵を助けるあたり、彼女の優しさが垣間見えるよ。

 

一部では「イドゥナの正体って精霊?」という考察もあるようですが、私は違うと思います。

彼女はエルサと違い、魔法や特別な力は使えません。ということは、母親・イドゥナ精霊ではなく普通の人間なのでしょう。

ただし精霊と会話をすることで、精霊の力を借りる能力を持っていたようです。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事

2 件のコメント

  • たのしく拝見してます!!

    イデゥナは精霊と仲が良かったのかと
    三回くらい風の精霊とあそんでいる場面があります

    またあの、不思議な声はイデゥナのもので
    王子を助け運ぶために風の精霊を呼んでいます
    そのときの声です。
    アートハランでエルサもみてます。

    懐かしくて震えてるのを(懐かしい母親)
    あなたもわたしも……つらい秘密(身分を隠していた母親)

    アートハランに向かう歌の歌詞もバッチリはまりまふ。

    亡くなってもエルサを思う母親イデゥナが、
    水の記憶の中から声を送り続けていたような

    最後のエルサがノーサンドラで
    のびのびと生きている姿
    ほんと良いですよね(TOT)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA