火垂るの墓の清太(せいた)は最後に駅でどうなった?節子の病気とは?

スポンサードリンク

 

映画「火垂るの墓」で、節子はわずか4歳で亡くなっていますよね。一体、何の病気だったのでしょうか?

また、節子がいなくなった後、清太はどうなったのでしょうか?

今回は、映画「火垂るの墓」の中から、とくに疑問の多いシーンについて考察してみました。

清太(せいた)の最後は?結局どうなったの?

影絵の自転車

ジブリ映画がフルで見れる無料の動画サイトまとめ

 

清太の最後については、映画のエンディングではなくオープニングに描かれています。

清田は兵庫県神戸市の三宅駅で力尽き、そのまま餓死したようです。

倒れている清太を見て”おにぎり”を恵んでくれた人もいましたが、清太はおにぎりに手を付けていません。

つまり、その時はすでに動くことすら出来なかったのでしょう。

 

そして、清太と節子が亡くなった”その後”ですが・・・

エンディングやオープニングの描写を見る限り、私は2人は幽霊になって、山の中で暮らしているのだと思いました。

そう考えないと、映画のラストシーンで登場する”都会のビル”の意味がわからないので(^^;)

(詳しくは下の記事で考察しているので、読んでいただけると嬉しいです♪)

火垂るの墓のラストのビルの意味は?なぜ最後のシーンに節子がいたのか考察

なぜ駅にいたのか?

スポンサードリンク

 

清太(せいた)は駅で息を引き取りましたが、なぜあの場所にいたのか、作中では理由が解説されていません。という訳で、次はその理由について考えてみました。

あくまで私の予想ですが、駅にいたのは「雨風を防げる場所を探した結果」だと思います。駅内であれば、ひとまず雨風は当たりませんし、誰でも無料で入れます。

むしろ、清太に限らず、戦争孤児はほとんどがあの駅に集まっていたのではないでしょうか?

 

映画のオープニングで、駅の清掃員が清太の死体を片付けるシーンがありますが、その時にも駅内には倒れた子供がたくさんいました。

そして、清掃員さんも「またか」というセリフを言っていたので、駅で子供が無くなるのは日常的な光景だったのかもしれませんね。

節子は何の病気だった?

はてなマークとひよこ

映画リメンバーミーはパクリ?ブックオブライフが元ネタって本当?

妹の節子が亡くなった理由については、貧困による栄養不足という説が一般的です。

節子が病院に行った時も、医者から「滋養のあるものを~」と言われているので、やはり節子は栄養失調だったと考えるのが妥当でしょう。

 

でも、ネット上を調べたところ、どうにも違うみたいなんですよね(^^;)

「節子が倒れたのは、栄養不足ではなく病気のせい」という説があるのです。

空襲があった時、節子の目には異物が入り、その後に目の痛みを訴えています。つまり、空襲の時に体内に入った”異物”が原因で病気になり、その結果、栄養不足になったというワケですね。

個人的には、この説が正解であってほしい・・・と思っています。そう考えないと、清太があまりに可哀そうなので((+_+))

⇒ジブリ考察まとめはこちら

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA