映画リメンバーミーの歌詞の意味は?日本語(エンディング)の歌手は誰?

スポンサードリンク

 

映画「リメンバーミー」では、エンディングで日本語版の歌詞が使われています。とっても素敵な声ですが、誰が歌っているのでしょうか?また、歌詞にはどんな意味があるのでしょうか?

今回は、映画リメンバーミーの日本語版の歌手&歌詞について調べてみました!




リメンバーミーの歌手は誰?

原作映画の歌手と作曲

歌う男の子

映画『リメンバー・ミー』を無料で見る方法はコチラ

 

今回の映画でキーワードとなる曲、それが「リメンバーミー」です。

この歌を作詞作曲したのは、ロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペス夫妻。「アナと雪の女王」の名曲「レット・イット・ゴー」を作り、アカデミー賞を受賞した夫妻ですね!

そして原曲を歌っているのは、ベンジャミン・ブラット氏。彼は映画内でも、デラクルス(史上最高のミュージシャンという設定)の声を担当しています。

 

日本語版では誰が歌ってる?

日本語版の「リメンバー・ミー」でエンディングを歌っているのは、日本の歌手であるシシド・カフカさんです。

シシドさんは、歌手だけでなくドラマーや女優・モデルとしても幅広く活動しています。 声がものすごくキレイですね・・・!

そして、ここからが面白い話なのですが、実はシシドカフカさんはメキシコ生まれです。偶然にも、映画の舞台と出身地が同じなんですよ。

映画スタッフは、この事実を知る前にオファーを出していたそうです。ロマンチックですね(*‘∀‘)!

 

また、日本語版のリメンバーミーでオーケストラを演奏しているのは、東京スカパラダイスオーケストラです。

今回のユニット「シシド・カフカ feat. 東京スカパラダイスオーケストラ」は、原曲の「リメンバー・ミー」をアレンジして歌っています。

映画リメンバー・ミーのダンテの犬種と名前の意味や由来は?

 

日本語版の歌詞は?和訳すると?

スポンサードリンク

 

歌詞全文は、下のサイトにて公開されています。

⇒歌詞全文はこちら(外部サイトに移動)

歌の意味とメッセージ

曲に込められたメッセージ

母と子

映画リメンバーミーはパクリ?ブックオブライフが元ネタ?

英語版の歌詞を聞いた感想ですが、これは家族の歌ですね。そのままの意味で捉えていいと思います。

「お別れだけど、私のことを忘れないでね」

「離れていても、ずっと一緒だから大丈夫だよ」

そんなメッセージが込められている印象の歌詞でした。リメンバーミーの本編とマッチしていて、曲を聴いただけで泣きそうになります・・・!

 

ディズニーの公式でも説明されていますが、この歌は「時を超えて家族をつなぐ奇跡の歌」です。

この言葉が、最もこの曲の歌詞を的確に表現していると思います。

本作で重要な鍵を握る楽曲「リメンバー・ミー」は、時を越えて家族をつなぐ奇跡の歌であり、ミゲルが大好きな曲。曲は【優しく見守り包み込む。また抱きしめるまで。リメンバー・ミー】という歌詞の通り、“たとえ離れていても、忘れない。家族はいつも繋がっている”というメッセージが込められています。

引用元:https://www.disney.co.jp/movie/remember-me/news/20171213_01.html

しかもこの曲って、メロディーが覚えやすいんですよ。きっと映画を見た人は、しばらくこの曲を思い出して、その度に映画のワンシーンが脳内再生されるのではないでしょうか・・・!

スポンサーリンク



あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA