千と千尋の神隠しのハクの本当の最後は?その後や結末はどうなった?

スポンサードリンク

 

ジブリの名作映画『千と千尋の神隠し』には、「ハク」という美少年が登場します。

ハクは主人公の千尋を助け、元の世界に生きて帰れるように、導いてくれる存在なのですが・・・実は、ネット上には、ハクに関する怖い噂が存在します。

というのも、ハクは千尋が帰った後、湯婆婆によって”八つ裂き”にされるという都市伝説が流れているのです。

これって本当なのでしょうか?そもそも、なぜこのような噂が流れたのでしょうか?

今回は、ハクの本当の結末について考察してみました。

千と千尋の神隠しの「ハク」の正体は?

千と千尋の神隠し

引用元: www.amazon.co.jp

普段は美少年のハクですが、その正体は白い龍です。

元々は「琥珀川(こはくがわ)」という川に住んでいた龍の神様なのですが、都市開発のせいで川が無くなってしまい、行き場が無くなってしまったんですよ。そのため、湯婆婆の元に弟子入りしたのです。

 「ハクはな、千と同じように突然ここにやってきてな。魔法使いになりたいと言いおった。ワシは反対したんだ、魔女の弟子なんぞろくな事がないってな。聞かないんだよ。もう帰るところはないと、とうとう湯婆婆の弟子になっちまった。そのうちどんどん顔色が悪くなるし、目つきばかりきつくなってな」

引用元:映画『千と千尋の神隠し』より

 

ちなみに、ハクが初めて千尋に出会ったのは、琥珀川に住んでいた時期です。ハクが住む川に、まだ幼かった千尋が落っこちちゃったんですよ(笑)

つまり、湯屋で出会った時は”初対面”でなく、”再開”だったワケですね。

▽他のジブリ考察記事はこちら▽

火垂るの墓の清太(せいた)は最後に駅でどうなった?節子の病気とは?

 

その後、八つ裂きにされたって本当?

スポンサードリンク

かぐや姫の物語で月からのお迎えの音楽(最後の曲)が怖い理由は?

『千と千尋の神隠し』に関する謎はいろいろありますが、中でも気になるのが「ハクの最後」についてでしょう。

一部では、ハクは湯婆婆によって八つ裂きにされたという、とんでもない噂が流れているのですが・・・

これは公式の設定なのでしょうか?それとも、ただの都市伝説なのでしょうか?

次は、ハクの「その後」と「八つ裂き説」について調べてみました。

 

公式の設定は?

結論から言うと、ハクが八つ裂きにされるというのは、ただの都市伝説です。公式では、そんなことは一言も語られていません。

では、なぜこのような噂が出たのか・・・という話ですが、どうやら映画内での湯婆婆のセリフが原因のようです。

 

湯婆婆は”坊”がいなくなった時に、ハクに対して「八つ裂きになってもいいのか!?」という問いかけをしているんですよ。

「それでおまえはどうなるんだい? その後あたしに八つ裂きにされてもいいんかい?」

引用元:映画『千と千尋の神隠し』より

ハクは湯婆婆に銭婆の元から坊を取り戻すための交換条件として、千尋と千尋の両親を元の世界に戻すことを申し出ています。その際に湯婆婆から八つ裂きにされてもよいのかと問われ、それでもかまわないと即答しています。

引用元:https://ciatr.jp/topics/266703

 

このセリフを聞いた視聴者が、「え、ハクって八つ裂きになるの?」と思ったようですね。そして恐らく、この時のハクは「殺されてもいい」と思っていたのでしょう。

このシーンだけ見れば、八つ裂き説が流れた理由もわかりますね。

 

でも、映画をラストまで見ると・・・恐らく、この説は違うと思うんですよね。

私は『千と千尋の神隠し』を5回くらい見ているのですが、その度に「ハクが死ぬとかいう都市伝説は、完全に大嘘だよな・・・」って思っています(笑)

ハクの結末は生存エンド一択ですよ。バッドエンドにはなりません。

 

というか、ハクや湯婆婆・銭婆のセリフを考察すると、八つ裂き説には無理があるんですよ。

そこで、次の章ではハクの結末について、私の考察をまとめてみました。

本当の最後と結末は?ハクどうなった?

湯婆婆に逆らえない理由

平安ポイところ

火垂るの墓のラストのビルの意味は?なぜ最後のシーンに節子がいたのか考察

前提として知っておいてほしいのですが、『千と千尋の神隠し』の世界では、名前ってすごく大切なものなんですよ。

絶対に忘れちゃダメなんです。

 

でも、ハクは湯婆婆に弟子入りする時に名前を奪われています。

というのも、契約の時に本名を言ってしまったせいで、自分でも名前を忘れ、湯婆婆に逆らえなくなってしまったそうです。

ちなみに、他の従業員(リンとか)は、契約の時に偽名を名乗っていたので大丈夫でした(笑)

でも、ハクは優しくて素直だから、本名を名乗っちゃったんですよ。

/(^o^)\ナンテコッタイ

 

ちなみに銭婆によると、ハクに限らず、龍はみんな優しくて素直なようです。

「龍はみんな優しいよ。優しくて愚かだ。魔法の力を手に入れようとして妹の弟子になるなんてね」

引用元:映画『千と千尋の神隠し』より

 

結局、結末はどうなったのか?

スポンサードリンク

 

映画リメンバーミーはパクリ?ブックオブライフが元ネタって本当?

ハクは名前を奪われたから、湯婆婆の命令に逆らえませんでした。でも、エンディングでは、千尋がハクの名前を思い出してくれます。

「あなたの本当の名は、コハク川」

千尋のこの一言で、ハクは自分の本当の名前を思い出し、湯婆婆との契約から解放されます。魔女の契約は、ここで効力を失うのです。

 

つまり、もう湯婆婆の命令に従わなくても大丈夫!

「私は湯婆婆と話をつけて弟子をやめる。平気さ、本当の名を取り戻したから。元の世界に私も戻るよ」

引用元:映画『千と千尋の神隠し』より

最後のシーンでは、ハクも「本当の名前を取り戻したから大丈夫」と言っています。この流れから考えると、少なくとも結末はバッドエンドにはならないと考察しました。

 

蛇足:宮崎監督のインタビューも理由

契約書

ジブリ映画がフルで見れる無料の動画サイトまとめ

また、ハクの八つ裂き説が噂された理由として、宮崎監督のインタビューも関係しているようです。

宮崎監督は、映画のインタビューの時に「千と千尋の神隠しは悲しいお話なんですよ」と言っていて、この一言から

「千と千尋=悲しいお話=ハクの最後が悲惨」

という連想ゲームになった・・・というワケですね。

(ただし、私はこのインタビュー記事を読んでいませんし、調べたところ出典も不明でした)

 

でも、これは発想が飛躍しすぎる気がします(^^;)

宮崎監督の言う「悲しいお話」というのは、恐らくハクの最後ではなく、映画の世界観(設定)のことを指しているのだと思いますよ。

『千と千尋の神隠し』に出てくる神様とか妖怪って、人間のせいで被害にあったキャラクターが多いんです。それこそ、ハクは都市開発のせいで住み家を無くしていますし、オクサレ様はゴミのせいで、泥のオバケみたいな姿になってしまいましたし・・・

ストーリー自体は優しい内容ですが、よく考えると悲しい設定なんです。

だからこそ、監督は「千と千尋の神隠しは悲しいお話なんだよ」と言ったのではないでしょうか。

まとめ

いろいろな都市伝説が流れていますが、”ハクの本当の最後”は、恐らく生存エンドだと思います。あくまで、私の考察ですけどね(^^;)

ハクは自分の名前を取り戻して、契約からも解放されました。という事は、ハクの結末は無事なのでしょう。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました(・ω・)ノ

⇒ジブリ考察まとめはこちら

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA