フライトゲーム解説!犯人(黒幕)の目的と真相は?なぜビルを狙った?

スポンサードリンク

 

『フライト・ゲーム』は、飛行機の中で繰り広げられる、密室サスペンス映画です。

”密室系”のストーリーはよくありますが、この映画では「制限時間20分」「犯人候補が乗客全員」という要素が加わり、ドキドキハラハラする展開になっています。ミステリー映画が好きな人には、たまらない展開ですね!

ただし、映画のレビューを見ると「犯人の目的やトリックがわかりにくい」という意見もちらほら・・・

そこで、今回は「犯人は誰で、なぜ事件を起こしたのか」という動機と、「なぜビルを犯人に仕立て上げようとしたのか」という点について、考察&解説していきます。

映画『フライト・ゲーム』のストーリーと登場人物

あらすじを1分で解説

フライトゲーム

フライトゲーム解説!機長殺しの犯人は?誰がどうやって実行した?

ニューヨークより146人の乗客乗員が搭乗した、ロンドンへと向かう旅客機。

その警備を任されている連邦保安官ビル・マークス(リーアム・ニーソン)のもとに、1億5,000万ドルを指定口座に入金しなければ20分おきに機内の人間を1人ずつ殺害するという異様な犯行予告メールが届く。

限定されたネットワークからメールが送信されたことから同僚が犯人ではないかと思いつつ、犯人の特定に奔走するビル。

そしてメールの内容通りに、機内で1人ずつ人が命を落とす。やがて、地上から犯人が指定した口座はビルのものであることが判明する

引用元:https://natalie.mu/eiga/news/273615

乗客のふりをして、飛行機に乗り込む男性。彼こそが本作の主人公「ビル」で、航空保安官の仕事をしています。

そんなビルの携帯電話に、謎のメールが届きました。そのメールには、なんと「1億5000万ドル指定口座に入金しろ!さもないと、乗客の命はないぞ!」というメッセージが書かれていたのです。

機内にはたくさんの乗客がいますが、どうやら犯人はこの中にいるらしい・・・という訳で、ビルは脅迫メールの犯人を見つけるため、独自で捜査を行います。

しかし、逆に「お前がテロの犯人では?」と、国や乗客から疑われてしまうのです。

 

航空保安官ってどんな仕事?

主人公ビルは「航空保安官」という職業に就いています。航空保安官は本当に存在するお仕事で、ざっくり説明すると「飛行機の中で乗客の安全を守ること」が役目です。

映画内でも、ビルは犯人を突き止めようとしたり、乗客の中に不審人物がいないか探したりしていましたよね。あれは、彼が航空保安官としての役割を果たすために、乗客を守ろうとしていたためです。

▽ミステリー系のオススメ映画

映画ラプラスの魔女のタイトルの意味は?魔女(広瀬すず)の正体は?

 

登場人物と容疑者一覧

スポンサーリンク

キングオブエジプトの続き(続編)を予想!その後のストーリーを考えてみた

 

■ビル・マークス:映画の主人公。航空保安官で、娘を失った過去がある。

■ジェン・サマーズ:赤髪の女性で、なぜか窓際に座りたがる。ビルの犯人探しに協力的。

■ナンシー:乗務員(チーフ)のお姉ちゃん

■グウェン:乗務員(ヘルプ)のお姉ちゃん

■デヴィッド・マクミラン:機長

■カイル・ライス:副機長

■ジャック・ハモンド:ビルの同僚。お金目当てでコカインを運んでいた。

■トム・ボーウェン:メガネの教師。嘘の証言をして、ビルに拘束される。

■ザック・ホワイト:黒人男性その1。プログラマー

■トラヴィス・ミッシェル:黒人男性その2。態度がめちゃくちゃ悪い。

■オースティン・ライリー:ニューヨークの警察官。ビルの捜査にイライラしている。

■ベッカ:幼女。この日、初めて飛行機に乗った。

■ファヒム・ナジール:お医者さん。

■チャールズ・ウィーラー:破産処理専門の弁護士

■アイリス・マリアン:セクシーなお姉ちゃん。

 

犯人の目的と真相は?黒幕は誰?

探偵の推理

ボス・ベイビーの正体は何者?赤ちゃんの名前・設定や声優は誰?

※ここからは、映画『フライト・ゲーム』の内容をがっつりネタバレしています!事件の真相や解説が目的なので、自分で推理したい人はご注意くださいませ(^^♪

 

犯人の名前は?黒幕は誰?

結論から言うと、『フライト・ゲーム』の黒幕(真犯人)は「トム・ボーウェン(メガネの教師)」です。

ザック・ホワイト(黒人プログラマー)とハモンド(ビルの同僚である)も犯人に協力していますが、彼らはあくまで共犯者です。

ザックについては、完全にお金目当てですね。彼はお金が振り込まれた後、パラシュートで逃げる気満々でした(^^;)

 

犯人の目的と事件の真相

犯人(トム・ボーウェン)の目的ですが、ザックリ説明すると「『9・11』で乗客を守らなかったアメリカへの復讐」です。

『9・11』とは、アメリカで実際に起こった同時多発テロ事件ですね。

映画内で、トムは今回の事件を起こした目的について、次のように語っていました。

乗客は 国が安全を守ると信じてる あんたが守ると

『みんな 心配は無用だ 航空保安官がいる』

簡単に実行で来たぞ

そうとも みじめに あの日三千人が死んだ

俺の父親もだ卑怯者を殺すため入隊した

でもなんの戦争がわからなくなり 帰還した 何も変わらない国へ

引用元:『フライトゲーム』映画本編より

 

「あの日三千人が死んだ」というセリフは、9・11の事件のことを指しています。そして、9・11によりトムは父親を失ってしまったのです。

その結果、トムは

「現在の航空保安官は全然仕事をしていない。『安全だ』なんて嘘だ。そして、航空保安官は嘘の象徴だ」

と考えるようになりました。

そのため、犯人たちは今回のテロ事件を計画し、航空保安官の無能っぷりを世間に証明しようとしたワケですね。

国民がいくら言葉で訴えても、世界は変えられない・・・そう思ったからこそ、飛行機に爆弾を詰め込んで、行動に移してアメリカ国民の目を覚まそうとしたのでしょう。

ビルを犯人に仕立て上げようとした理由も、「現役の航空保安官がテロの犯人だ!この国は、凶悪犯を保安官に任命したんだぞ!」というアピールのためだと考えられます。

 

ただし、私からすれば「なんで、そんな考え方になるんだよ(;´Д`)」という印象でしたけどね。

怒りの矛先が間違っていますし、ビルを犯人にしたところで、国全体が大きく変わるワケではありません。

でも、犯人は9・11の被害にあって苦しくて、その結果、考え方が妙な方向に進んでしまった・・・そう考えると、悲しい話ですね。

▽【フライト・ゲーム】監督の最新アクション映画の評判はこちら!

映画トレインミッションは面白い?つまらない?評判と感想まとめ

 

なぜビルが狙われた?理由を考察

スポンサーリンク

フライトゲームの最後の「金は返せよ」のセリフの意味は?考察と解説

では、なぜ犯人はビル狙ったのでしょうか?本編では、その理由がハッキリ説明されていないので、気になってモヤモヤした人も多いかと思います(^^;)

という訳で、この章ではビルが犯人に狙われた理由を考察してみました。

 

ビルの経歴が理由?

まず、1つ目の理由はビルが現役の航空保安官であること。この点については、上の章で説明したので省きますね。

そして2つ目の理由は、ビルが ”アルコール中毒” や”離婚歴”を持っていて、私生活に問題があったためだと考えられます。

素行が良く、私生活に全く問題がない人よりも、ビルのようなタイプの方が、犯人に仕立て上げやすいと思ったのでしょう。

また、ビルは善人で乗客を見捨てられない性格だったことも、犯人に狙われた理由だったのかな・・・と思います。

もし、ビルが身勝手で「乗客よりも、自分の保身が最優先!」というタイプの人だったら、あのような展開にはならなかったはずです。

つまり、犯人はビルの経歴や性格などを総合的に判断した結果、彼をテロの犯人役に仕立て上げようと考えたワケですね。

 

まとめ

 

一連の事件を引き起こした犯人は、メガネをかけた教師トム・ボーウェンでした。彼は9・11事件により父親を亡くし、その時から「国も、航空保安官も、国民を守ってくれない。嘘だらけだ」と考えるようになります。

そして、航空保安官(=国)の信用性を落とすために、今回の密室殺人をした・・・というのが、犯人の目的であり、この映画の真相でしょう。

黒人のプログラマーは共犯者、ビルの同僚は利用されただけですね。

ストーリー的に、わかりにくい部分やツッコミどころが多々ありますが、個人的には好きな映画ですね。いろいろと考えさせられます。

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA