かぐや姫の物語の最後の赤ちゃんの意味は?ラストで振り返る時の記憶は?

『かぐや姫の物語』で姫が月へと帰る途中、地球を振り返るシーンがありますよね。

地球を見た後、姫の顔には涙が浮かんでいましたが…このシーンにはどんな意味があるのでしょうか?

また映画のラストに登場する赤ちゃんには、どのようなメッセージが込められていたのでしょうか?

今回は『かぐや姫の物語』の最後のシーンについて紐解いてみました。

かぐや姫の物語のラストシーン

かぐやひめの物語2

引用元:https://www.ghibli.jp/kaguyahime/

まずは、かぐや姫の物語のラストシーンについておさらいしてみましょう!簡単に説明すると、次のような流れになっています。
物語の終わり方
  1. かぐや姫を月に連れ戻すため、天人が登場
  2. 武士や従者は攻撃しようとするが、全員動けなくなる
  3. お婆さんはかぐや姫を抱きしめて守ろうとするが、不思議な力で強制的に姫を連れて行かれる
  4. かぐや姫・お爺さん・お婆さんの3人は、泣きながら別れを惜しむ。
  5. 天女が「天人の羽衣」を着せた瞬間、かぐや姫は無表情になる。
  6. 羽衣を着ることで、人間らしい感情や地球での記憶や感情を失ってしまった。
  7. 無表情なままのかぐや姫は、雲に乗って天人たちと月に帰る。
  8. 地球から完全に離れたかぐや姫ご一行。
  9. 月へと戻る途中、彼らの背後には小さくなった地球が見える。
  10. かぐや姫が、ふいに地球を振り返る。この時、顔は無表情なままだが涙を流していた。
  11. 最後に、満月と赤ちゃん(生まれた時のかぐや姫)が画面に映し出され、物語は終了。

関連:かぐや姫の物語と原作竹取物語との違いは?罪と罰や帰る理由を比較

 

ザックリ説明するとこんな感じですね。とても切ない内容です。お爺さんもお婆さんも、必死でかぐや姫を守ろうとしますが・・・

どんなに足掻いても、人間では天人には勝てません。

ちなみに、最後に登場する”月の使者(天人)”は美しいけれど不気味な存在。登場シーンも音楽も外見も、日本人なら「絶対に勝てない」と思うような相手。

それが天人ですね。

関連:かぐや姫の物語で月からのお迎えの音楽(最後の曲)が怖い理由は?

地球を振り返る時、記憶が戻っていた?

結論:かぐや姫の記憶は消えたまま

夜空

月へと帰る途中。かぐや姫はふと地球を振り返り、涙を流していました。

このシーンの解釈について、中には「かぐや姫は地球を見たことで、記憶を思い出したのかも!」と思った人もいるようですが・・・

実を言うと、私は逆だと思っています。

映画の中で、何回も「月の羽衣を羽織ったら、その時点で地球での記憶が消える」という設定が協調されていました。

つまりこの伏線どおり、かぐや姫の記憶は消えてしまったのでしょう。

そのため雲の上から地球を振り返った時も、記憶は戻っていないと思います。

かぐや姫の顔も、地球が名残惜しくて振り返ったというより何となく振り返ったという雰囲気でした。

でも、かぐや姫は涙を流していたのです。

ということは、かぐや姫本人も自分がなぜ泣いているのか理由がわかっていなかったのでしょう。

本当は悲しいから泣いているのに、記憶が消えたせいで、自分の涙の理由がわからない。

本人からしてみれば「地球を見たらなぜか涙が出てきた。なんでだろう」みたいな感じでしょうね。

切ないです。

スポンサードリンク

色褪せた場面の意味

”色彩のないシーン”はかぐや姫の内面を意味する

平安貴族

かぐや姫たちが月に帰るシーン。

切なく涙を誘う内容ですが…実は、このシーンにも高畑監督の演出が隠されていたことに気づきましたか?

かぐや姫が月に帰る場面だけ、画面に色が無いのです。

色が無いというか、全体的な色彩が薄いです。例えるなら、絵の具をギリギリまで水で薄めた感じですね。

でもかぐや姫が地球を振り返る一瞬だけ、画面に鮮やかな色が戻ります。

そして、地球から目をそらすと、また色無くなります。

この演出の意味ですが、恐らくかぐや姫の内面を表しているのだと思います。

地球で過ごした時間は色鮮やかだけど、それを失ったせいで、姫の心からも色彩が消えたということなのでしょう。

ちなみに、私は初回に映画を見た時はこの演出に気づきませんでした。でも2回目の視聴でようやく”色彩の違い”に気づいて、そこで涙腺が崩壊した人間です。

かぐや姫の物語って、ラストが本当に悲しいですね。

参考書籍:スタジオジブリ大解剖 (サンエイムック)

【補足】アルプスの少女ハイジにも同じ演出がある!

なお、この「色の無いシーンの演出」はアルプスの少女ハイジ(=演出担当が高畑監督)でも使用sれています。高畑監督って、演出の仕方が本当に素敵ですね。

そういえば、かぐや姫とハイジは、生い立ちがちょっと似ています。

もしかすると、日本版ハイジとして描かれたのが「かぐや姫」なのかもしれません。

スポンサードリンク

最後の赤ちゃんの意味は?

かぐや姫の物語では、最後に

  • 大きな満月
  • 赤ちゃん時代のかぐや姫

が映し出されます。

このシーンの意味ですが、恐らく以下のメッセージが込められているのでしょう。

ラストシーンの意味
  • かぐや姫は月に帰ったけど、地球で過ごしてきた事実は変わらない
  • 記憶が消えても、思い出は残っている

かぐや姫のラストがあまりに悲しいので、高畑監督がこのワンシーンを入れたのではないでしょうか?

最後の「赤ちゃんのシーン」が無ければ、もっと悲しい終わり方だったと思います。

つまり、かぐや姫への救済措置ですね。

まとめ

かぐや姫が月へと帰る途中、姫の記憶は消えていたのでしょう。

でも、姫が地球を振り返った瞬間に涙を流したという事は・・・記憶は消えても、心の奥底に ”何か” が残っていたのかもしれませんね。

また、最後の赤ちゃんの意味については「地球で育った事実は消えない」というメッセージが込められているのだと思います。

ストーリー自体は悲しい話ですが、ただの悲劇ではなく救いのある話なのでしょう。

⇒ジブリ考察まとめはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事

1件のコメント

最後の子供は捨丸兄さんと出来た子供で、その子供も地球に行きたがるのでずっと回って巡ります。罪が

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA