【2020年版】都市伝説がテーマの映画!おすすめホラーまとめ

スマホを持つ女の子

今回は都市伝説がテーマの映画をまとめました。

口裂け女・犬鳴村・スレンダーマンなど、有名な都市伝説をテーマに作られた映画をピックアップしています。

2020年公開の映画もあるので、ホラー好きな人は注目ですよ!

2020年公開!都市伝説をテーマにした映画

シライサン

親友の突然の死のショックから立ち直れない女子大生・瑞紀(飯豊まりえ)は、弟の変死に直面した少年・春男(稲葉友)と出会う。眼球が破裂し、何かに怯えたように死んでいった彼らの死の真相を探るうちに、二人は理解を超えた戦慄の真実に突き当たる。そして、その名を知ってしまった彼らもまた“シライサン”の呪いに巻き込まれていく。

引用元:https://shiraisan.jp/

「シライサン」は2020年1月10日公開のホラー映画です。

この映画に登場する「シライサン」は名前を知った人のところに訪れる怪物。存在を知っただけでシライサンの標的になるという、かなり理不尽な存在です。

こんな都市伝説が実在したら、怖すぎますが…

シライサンは映画オリジナルの都市伝説なので、実在しません。監督の乙一さんが作った架空の存在なので、安心してくださいね。

パソコンとあかちゃん

映画『シライサン』の都市伝説は実話?元ネタやモデルを考察

 

犬鳴村

臨床心理士の森田奏の周りで突如、奇妙な出来事が起こり始める。
「わんこがねぇやに ふたしちゃろ~♪」奇妙なわらべ歌を口ずさみ、おかしくなった女性、行方不明になった兄弟、そして、繰り返される不可解な変死…
それらの共通点は心霊スポット“犬鳴トンネル”だった。

引用元:http://www.inunaki-movie.jp/

「犬鳴村」は2020年2月7日に公開される新作ホラー映画。監督は「呪怨」シリーズで有名な清水崇さんです。

映画のタイトルになった「犬鳴村」は、実在する心霊スポット。福岡県の山間にあるそうですが…地図上には痕跡がなく、住所も不明。

わかっているのは「旧犬鳴トンネルの先にある」という事だけ。

都市伝説によると

  • 近くの小屋には死体が山積みされている
  • 村人は日本語を話さない
  • 携帯電話が圏外になる
  • 村の入り口に「この先、日本国憲法は適用しません」と書かれた看板がある

など、さまざまな噂があるそうです。

スポンサードリンク

【邦画】実在する都市伝説を元にした映画

ひとりかくれんぼ 劇場版

「ひとりかくれんぼ」という奇妙なゲームは、進めていくと様々な怪奇現象が起こるという噂があった。そして、涼子が担任するクラスのりつ子は、両親の離婚が原因でこのゲームに出会う。ある日、人を呪い殺せるルールがあるという噂を聞いたりつ子は、「父親を殺したい」と言う同級生の相川をゲームに誘う。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

ホラー好きなら「ひとりかくれんぼ」という都市伝説は聞いたことがあるでしょう。ぬいぐるみを風呂桶に入れて、刃物を突き刺すというアレです。

所説ありますが、降霊術の一種らしいですね。

「ひとりかくれんぼ劇場版」は、タイトルのとおり都市伝説の「ひとりかくれんぼ」をテーマに作られたホラー映画。

原作小説は第1回ケータイホラー小説大賞の受賞作です。

 

口裂け女

ある日の地震を境に、町では子供達の失踪事件が相次ぐ。失踪した子供と一緒にいた子供達が「大きなマスクを着けてハサミを持っていた女が子供を連れて行った」と証言したことから、町には「口裂け女」の噂が流れるようになる。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

「私、キレイ?」というフレーズでお馴染みの口裂け女。こちらも映画化されていて、2007年3月に1作目が、2008年に2作目が公開されました。

この映画に登場する「口裂け女」も、都市伝説と同じく子供たちを襲う怪物として描かれているのですが…

その正体が、中々に衝撃的でした。

 

高速ばぁば

テレビ番組の企画で廃虚となった老人ホームに来たアイドル3人組が、高速で移動する老人に遭遇してからさまざまな怪現象に襲われる恐怖を描く衝撃ホラー。。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/346105/

この映画の元ネタは、恐らく都市伝説の「ターボばあちゃん」でしょう。

トンネル内を車で走っていると、お婆さんが並走しているという都市伝説です。危害を加えてくることは無いようなので、比較的安全(?)な都市伝説ですね。

 

テケテケ

ある日、可奈(大島優子)のクラスメートの綾花が下半身のない死体で見つかる。学校でも下半身のない女性が相手の足を奪う“テケテケ”の話題で持ち切りで、可奈も一度は襲われるが奇跡的に逃げ切ることができた。彼女が図書館で調べものをしていると、大学で心理学を専攻し都市伝説の卒論を書いている理絵(山崎真実)と話が弾み……。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/333058/story/

テケテケも有名な都市伝説ですよね。下半身がない妖怪として語られていますが、内容は諸説ありバリエーションもいろいろあります。

 

クネクネ

夏休み、千里は母・良子と再婚相手の浩平、その娘の遥にキャンプに連れ出される。車でキャンプ場に向かう途中、道に迷った浩平は通りがかりの民家の男に目的地までの道を尋ねるが、男は問いには答えず、「帰ったほうがいい」と呟くだけだった。男の様子を不審に思いながらも、結局この村のはずれでキャンプをすることになるが…

引用元:https://amzn.to/38FUmeX

ネットで一躍有名になった都市伝説「クネクネ」を元にした映画ですが…

実際のところ、この映画に登場する怪物は「都市伝説のクネクネ」とは設定が違います。

ネタバレになるので伏せますが、クネクネの名前を借りただけの別物です。

個人的に、クネクネは理解不能で得体の知れないところが怖い存在だと思うんですよ。ただ、この映画ではクネクネの正体を描いてしまっています。

なので、都市伝説のクネクネを期待している人は見ない方がいいかも。

スポンサードリンク

【洋画】海外の不思議な話がテーマ

メン・イン・ブラック

あらすじ

ニューヨーク市警察のジェームズ・エドワーズ刑事(ウィル・スミス)はとある事件の犯人を追い詰めたが、犯人は飛び降り自殺してしまう。しかし犯人が異形を見せたことで普通の人間ではないことを知るが―――

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

『メン・イン・ブラック』はウィル・スミスが出演する超有名な映画。第70回アカデミー賞 最優秀メイクアップ賞などを受賞した名作です。

洋画で都市伝説がテーマといえば、やはりこの作品でしょう。管理人はシリーズ全作を見ていますが、いつも面白いですよ。

おすすめです。

ウィル・スミス最高!

 

元になった都市伝説

『メン・イン・ブラック』の元になったのは、同名の都市伝説。

UFOや宇宙人の目撃者のもとに黒づくめの男たちが現れて、脅迫・警告・妨害などさまざまな圧力をかけてくるそうです。

 

スレンダーマン 奴を見たら、終わり

ニュースのネタを探すために、いろいろな町に足を運ぶ記者のサラとカメラマンのマイロは、銀行に差し押さえられた田舎町の家で1本のビデオテープを発見する。そこには黒いスーツ姿の男と、謎の記号が映り込んでいた。やがて彼らは、以前その家に住んでいた家族を見つけるが、見張られていることに気が付き……。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/361088/story/

アメリカの都市伝説「スレンダーマン」を元ネタとしたホラー洋画です。

「スレンダーマン」はネットから発生したキャラクターで、その姿は細見で背が異様に高いそうです。さらに長い手足・黒スーツなどの特徴があり、ターゲットになった子供はストーキングされたりトラウマを与えられたりするそうです。

それにしても、なぜこの手の都市伝説は子供ばかりターゲットにするのやら…

 

暗闇にベルが鳴る

とある女子学生寮でクリスマス・パーティーが行なわれていたが、その最中に奇妙な電話がかかってくる。これが惨劇の幕開けとなった。パーティーを中座して部屋に戻ったクレアが、部屋に潜んでいた何者かに殺されてしまう。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

都市伝説「The Babysitter and the Man Upstairs(ベビーシッターと2階の男)をモチーフにした映画。日本では聞かない都市伝説ですが、アメリカでは有名な話らしいですよ。

都市伝説の内容は、10代の少女がベビーシッターをしていたところ「子供たちの様子を確認しろ」という奇妙な電話が何度もかかってくる…というもの。

ベビーシッターが警察に相談して逆探知したところ、電話の発信源は家の2階。2階に殺人犯が潜んでいたという話です。

怖いですね!

 

ストレンジャー・コール

女子高生のジルは、ロサンゼルス近郊の丘の上に建つ医師の邸宅でベビーシッターのアルバイトに就く。

医師夫婦の外出後、ジルは既に寝ている2人の子供のお守りをしてくつろいでいると、1本の電話がかかってきた。「子供たちの様子を見てみろ」という内容のものだった。

初めは友人のいたずらと思い、取り合わなかったジルであったが、電話は定期的に何度も繰り返してかかってくるようになり、恐怖心を覚えたジルは逆探知をしてもらったところ、その電話はなんとジルと子供たちがいる邸宅の中からかかってきていた。この邸宅の中に何者かが潜んでいるのだ…。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

こちらは1979年につくられた映画『夕暮れにベルが鳴る』のリメイク版。

先ほど紹介した『暗闇でベルが鳴る』と同じく「The Babysitter and the Man Upstairs」を題材にした作品です。

管理人のおすすめホラー

洋画のおすすめ

映画のカチコン

ぶっちゃけた話をすると、都市伝説がテーマの映画は低評価が多いです。

というのも、都市伝説に便乗しただけのストーリーだったり、もはやお化け要素がいらなかったり…

せっかく「都市伝説」という素晴らしいモチーフがあるのに、それを活かせてないイメージです。

 

ただ、全てが駄作ではなく面白い映画もあるんですよ。

それこそ3章で紹介した『メン・イン・ブラック』は名作で、ウィル・スミスの演技も秀逸。

今回紹介したホラー映画の中では『メン・イン・ブラック』が一番オススメなので、ぜひ視聴してみてください。

 

邦画のおすすめ

邦画からオススメを選ぶなら、私は『口裂け女』が好きです。

ただし、これも一般的な評価は低め。そこまで怖くないのと、ストーリーに起伏がないのが理由のようですが…

個人的に、そこまで悪い作品じゃないと思うんですよ。設定とか中々良かったです。

白うさぎ
それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA