ファンタビのジェイコブはラスト(最後)に記憶を忘れてない?続編に出る?

スポンサードリンク

 

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(以下、ファンタビ)では、ラストシーンでジェイコブの記憶が消されてしまいます。

魔法界では「マグルに魔法使いの存在を知られてはいけない」という法律があるので、仕方が無いことですが・・・

このラストシーンについては、「ジェイコブは記憶を忘れてないのでは?」という意見も見かけます。

 

結局のところ、ジェイコブの記憶はどうなったのでしょうか?また、続編には登場するのでしょうか?

今回は、私の考察を交えつつ、彼の記憶の有無についてまとめてみました。

ジェイコブの基本設定

ファンタスティックビーストの時系列は?ハリポタの何年前?

 

ジェイコブ・コワルスキーは、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の登場人物で、アメリカで暮らすノー・マジ(魔法が使えない一般人)。

今までは缶詰め工場で働いていたのですが、パン屋をオープンしたいと夢見て、銀行に融資を受けに行きます。その際に、隣に座っていたニュートと出会いました。

ちなみに、登場キャラの中でも人気がある愛されキャラ。

ロボ
ハリーポッターシリーズでは珍しく、マグルのメインキャラクターですね。

ファンタビのラストシーンの内容

スポンサードリンク

 

次に、『ファンタビ』のラストシーンの内容をおさらいしてみましょう!(最後のシーンまで覚えている人は、次の章まで読み飛ばしてもOKです)

 

①オブスキュラスによる破壊

ニューヨークの街中は、オブスキュラス(クリーデンスが発生させた黒い影)により壊滅状態。

ニュートやティナが苦戦していたところ、遅れて到着した魔法界の役人によって、オブスキュラスは鎮圧されます。

 

②雨で人々の記憶を消す

魔法界の法律では、一般人に魔法の存在を知らせるのはタブーです。

そのため、ニュートは魔法生物を使い、忘却作用がある雨をニューヨーク全体に降らせました。

この雨によって、今回の事件に関わった一般人たちは、最後にまとめて記憶を失います。

 

③ジェイコブとの別れのシーン

今まで、ニュートに協力してくれたジェイコブさん。

彼も普通の人間なので、記憶を消さなければなりません。ニュート・ティナ・クイニーの3人は、ジェイコブとの別れを惜しみますが・・・

ジェイコブは「いいんだ。夢から覚めるだけ」と言って、自ら雨の中へと進んでいきます。

 

目を閉じ、雨にぬれるジェイコブ。

別れ際に、クイニーはジェイコブにキスをし・・・

そのまま、3人の魔法使いは姿を消していまいました。

【補足】ティナも心が読める?魔法学校はどこ?

ウサギ
魔法の存在を知った一般人は、例外なく記憶を消す。それが、魔法界のルールです。

ジェイコブは最後に記憶を忘れてない?

パン

ファンタビ第1作のストーリーと伏線まとめ

ストーリーを振り返ると、「ジェイコブは記憶を忘れた」と考えるのが一般的な見方でしょう。

しかし、一部では「ジェイコブは記憶を忘れてない!実は覚えている!」という説もあるようです。その裏づけとなっているのが、本編で登場した、次の3つのシーンです。

①パンの形

ジェイコブが魔法生物の形のパンを作っていた(=実は記憶がある)

②別れのシーン

クイニーがジェイコブにキスしていた(この時に、こっそり記憶が消えないようにした?)

③最後の微笑み

パン屋でクイニーと再開したとき、ジェイコブは魔法生物にかまれた傷跡をさすりながら微笑んだ

 

以上の3つのシーンを見て、「ジェイコブは記憶を忘れてない」と考えた人が多いようですね。

とはいえ、映画本編では「記憶が残っていた」とハッキリ断言できるシーンはありません。つまり、本当に記憶が残っているかどうか、曖昧なのです。

本当に覚えているのか?私の考察

スポンサードリンク

※ここから先、管理人の考察です

結論から言えば、私は「ジェイコブの記憶は消された」と思っています。

ただし、完全に忘れたのではなく、記憶の奥底に思い出が眠っているという感じでしょう。

例えるなら、朝起きたときに、ぼんやり夢の記憶が残っているような感じですね。だからこそ、ジェイコブは魔法生物のパンを作ったのでしょう。

 

以下、ジェイコブの記憶に関する考察を、下にまとめてみました。

ウサギ
ラストシーンについては、いろいろな考察があると思います。あくまで、下記は私の意見なので「こういう考え方もあるんだな」くらいの気持ちで、呼んでくださいね♪

 

①別れのシーンの後、挙動不審だった

ジェイコブが雨(忘却作用あり)に触れた後、彼は「あれ?何でこんな所にいるんだ?」という顔をしていました。

記憶を忘れてないなら、あのような顔はしないでしょう。そもそも、記憶が残っているなら、突然消えたニュートたちの姿を探すはずです。

という事は、雨に触れた後、彼の記憶は消えていたのでしょう。

 

②パン屋でのセリフ

パン屋をオープンしたジェイコブは、魔法生物のようなパンを販売していましたよね。それを見たお客さんは「このアイディアはどこから?」と問いかけますが、ジェイコブは「さあ、どこだろう。沸いてくるんだ」と答えています。

記憶はなくても、無意識の部分で覚えているのかもしれませんね。

 

③クイニーとの再開ラストシーン

クイニーとの再開時、ジェイコブは傷跡をさすりながら、彼女に微笑みかけます。

でも、あれは彼女のことを覚えていたからではなく、あくまで「この美女のこと知ってる気がする!何でだろう?」くらいの感覚だったのでしょう。

クイニーとの記憶は忘れても、彼女を好きになった気持ちは残っていたのだと思います。

ロボ
記憶を失っても無意識に覚えているって、なんか素敵だよね。

 

④作者の性格から分析

ハリポタとファンタビの作者は、イギリスの作家である J・K・ローリング先生です。彼女の描く作品の傾向から考えても、ジェイコブには記憶が残っていないと思いました。

 

私はハリポタを全巻読んだのですが、ローリング先生って、ご都合主義のストーリーを書かないイメージがあります。

ハリポタとファンタビの世界には明確なルールがあって、ストーリーも人物も、ちゃんとルールに従って動いています。

だから、完全無欠のハッピーエンドは迎えないし、誰もが報われるラストにはなりません。魔法の世界だからって、何でもありじゃないんですよ。

 

そんなローリング先生が、「実は、ジェイコブは記憶を忘れていないんです!」なんてラスト(最後)にするでしょうか?

私は、しないと思うんですよ。

 

以上の理由から、ジェイコブはラストで記憶を失っていたのだと思います。記憶を失ったというよりも、表面上は思い出せない感じですね。

↓ ↓ ↓

※U-NEXTで全作配信中です

【ネットの意見】記憶とラストシーンについて

スポンサードリンク

店で売っているパンが今回の冒険で出会った魔法動物の形をしている事からコワルスキーが記憶を全く失っている訳ではなく記憶を意識的には思い出せない状態である事がうかがえます。

夢を見て、その中身を思い出せないような状態ですね。

おそらく従業員募集の張り紙に応募してきたクイニーをみたコワルスキーは夢の中で出会った美女を目の前にしている気分だったのではないでしょうか。

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11167563026?__ysp=44OV44Kh44Oz44K%2FIOOCuOOCp%2BOCpOOCs%2BODliDlv5jjgozjgabjgarjgYQ%3D

続編でジェイコブはどうなる?

大人気のジェイコブさん。彼がファンタビの続編に登場するのか、気になっている人も多いでしょう。

というワケで、続編の情報を管理人が調べてみたところ・・・

宣伝用の画像とPVに、ジェイコブの姿を発見!ガッツリ登場するみたいですね♪

ウサギ
もしかすると、記憶が復活するシーンとかあるのかも。
ロボ
ジェイコブとクイニーが幸せなら、それでいいよ。

 

1の限定キャラかと思っていましたが、今後も登場するのは嬉しいです。ちなみに、続編には若い頃のダンブルドアも登場するので、全作のファンは必見ですよ!

続編でダンブルドアの年齢は?キャストも紹介!

まとめ

ラスト(最後)の別れのシーン以降、ジェイコブの記憶はあったのか。「実は忘れてないのでは?」という意見も多いですが、作中でハッキリとした描写が無いため、人によって考察が分かれる部分でしょう。

私は「ラストの雨のシーンの様子」や「ジェイコブのセリフ」から、彼の記憶は消えたと思っています。

ただし、完全に記憶が消えたのではなく、記憶の奥底では覚えているのでしょう。

そのため、ジェイコブは無意識で魔法生物型のパンを作ったり、クイニーとの再開時に笑顔を浮かべたりしていたのでしょう。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました(^^♪

ファンタビをもう一度見てみる?

⇒ファンタスティックビースト考察まとめはコチラ

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA