ブログ記事の文章をYouTube動画で丸パクリされた!通報や対策の仕方は?

パクリ被害

先日、ブログにアップした記事が、youtubeの動画内で丸パクリされるという事件が起こりました・・・!あまりに悪質なので、その時の状況と対策方法、そして通報する方法をまとめておきます。

ブログの文章が丸パクリされた時の話

まずは、私がパクリ被害にあった時のお話から始めていきますね。

かなり珍しい「動画で記事内の文章がパクられる」というケースなので、これからブログを作る人にとっても、参考になるかと思います(;^ω^)

嘘だろ!?記事が丸パクリ!

ある日、私は前々から運営していたトレンドブログにて、とあるユーチューバーの記事を書きました。

記事を書いてから2時間くらい経過したので、「ちゃんとインデックスされたかな?」と気になって検索したところ・・・

グーグル検索の上位に、私が書いた記事と同じタイトルを発見しました。しかし、URLが私のブログではなく、youtubeになっていたのです。

 

最初は「え(;´Д`)?」と思いましたよ。まさか、既存記事とタイトルが被ったのでは・・・と、一気に不安になりました。

しかし、その動画を開いたところ、すぐに「タイトル被り」ではなく「丸パクリされた」のだとわかりました。

 

というのも、その動画は音声読み上げソフトで文章を読み上げる「テキスト系の動画」だったのですが、読まれている文章が私の書いた記事とまったく同じだったのです。

タイトルどころか本文の内容も、何もかも同じ。

そして、引用元である私のブログ名すらも掲載されていません。100歩ゆずって、私のブログが引用として紹介されているなら、宣伝にもなるので許せましたが・・・

残念ながら、そうではありませんでした。しんどい。

 

動画の投稿者は常習犯

おまけに、犯人のチャンネルを確認したところ、私以外にも被害者がたくさんいたのです。

通常、ブログのパクリと言えば文章でパクる人が大半です。しかし、今回は意外なことに「音声」という形でパクられていました。

ちなみに、パクリ動画をスクショしたものが下の画像です。パクリ動画モザイク処理

モザイク処理しているのでほとんど原型をとどめていませんが・・・雰囲気だけでも伝わればと思い、一応掲載しておきます。ここに掲載したところで、何の効果もありませんけどね(;´Д`)

とりあえず、この動画の投稿者に伝えたい。無断転載は法律で禁止されているのだと。そして「バレないようにタイトルくらい変えた方がいいよ」と言いたいです(笑)

▽ブログのNG行為まとめ

映画ブログでネタバレを書くと違法?逮捕された人っている?

ブログで映画の画像を使うのは違法?著作権やスクショの問題について

 

YouTubeで動画を通報する方法

実名がバレるって本当?

スポンサードリンク

 

youtubeでは、自分の作品を無断で使われた場合「通報」をすることができます。私のように「記事をパクられて絶許!」という人は、通報するのも手段の一つです。

▽ヘルプページの引用

著作権で保護されているご自分の作品が無断で YouTube に掲載された場合は、著作権侵害の通知を送信できます。

引用元:https://support.google.com/youtube/answer/2807622

ただし、著作権侵害で通報する場合は、フォームで個人情報を入力しなければなりません。

また、動画が削除されると、上の通報ページで入力した「著作権者名」が公開されます。

著作権名は実名でなくユーザー名でも大丈夫ですが、ちょっと面倒ですよね(汗)

無効になったコンテンツの代わりに、著作権者として入力した名前が YouTube で公開されます。あなたに代わる有効な正式名(会社名または代理権を許諾した代理人の名前など)を提示することもできます。YouTube による審査のうえ、適切だと判断された場合は、その名前が表示されます。

引用元:https://support.google.com/youtube/answer/2807622

 

通報のやり方

動画を通報する場合は、まずパクリ動画のページを開きます。そして、動画の右下にある『・・・』を左クリックし、『報告』を選びましょう。

下の画像で、赤い丸印が付いている場所ですね。

パクリ動画モザイク処理2

『報告』を選択すると、下から2番目に『権利の侵害』と書かれているので、この項目にチェックをいれます。

下に『一つ選択』と書かれているので、そこから『著作権の侵害』を選択して、右下の『次へ』をクリック。

ヘルプページが表示されるので、一通り目を通して問題がなければ『著作権侵害に関する申し立てを送信』と書かれた青いボタンをクリックしましょう。

すると、下のような画面が表示されます。

通報画面

上の画面が出てきたら、個人情報や違反内容の詳細を記載して申し立てを送信します。

プラグインでの対策がオススメ

パクリ動画の通報方法について説明しましたが、正直な話をすると、かなり面倒ですよね?

という訳で、普段からブログでパクリ対策をしておくことをオススメします。

下の記事でプラグインを使った対策方法について説明しているので、私はこちらをオススメします。

【プラグインでの対策方法(現在執筆中)】

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA