google(グーグル)ペナルティの対策は?キーワード乱用はNGって本当?

パソコンとあかちゃん

こんにちは!オオタです。

今回は、アドセンスブロガーにとって脅威である「google(グーグル)のペナルティ」についてまとめてみました。

ペナルティを受けると、上位表示されていたブログが圏外に吹っ飛ばされ、アクセスが全然集まらなくなってしまいます。そうなると、当然ながら広告収入もガタ落ちですよね?

ペナルティを防ぐためにも、NGなブログの特徴を知っておきましょう!

google(グーグル)のペナルティとは?

ペナルティには「自動」と「手動」の2種類があります。それぞれグーグルからペナルティを受ける理由が違うので、原因について押さえておきましょう。

自動ペナルティとは?

他サイトの記事を丸パクリしたり、自作自演のリンクを大量に貼ったりすると、自動ペナルティを受けやすいです。

ざっくり説明すると、「誰がどう見ても、あきらかに不正行為でしょ!」という事をやるとアウトですね。

 

手動ペナルティとは?

丸パクリをしていなくても、オリジナル性に欠ける記事ばかり書いていると、手動ペナルティの対象になりやすいです。

「オリジナル性に欠ける記事って何ぞや?」という話ですが、簡単に説明すると、他のブログと同じような内容ばかり書くのはNGということですね。

特に、トレンドブログはライバルとネタや切り口が被りやすいので、グーグルから

「他のブログと同じ情報しか載せてないじゃないの (゚Д゚ )!」

と判断されてしまうのです。

 

ブロガーさんの中には「ペナルティを受けた!」と言っている人が多いですが、大抵は後者の「手動ペナルティ」の方を指しています。

報酬を増やすためにブログの記事数をガンガン増やした結果、気づいたらオリジナル性のない記事ばかりになってしまい、グーグルから目をつけられてしまった・・・という訳ですね。

 

せっかくブログを育てても、ペナルティを受けたら元も子もないので、事前に対策をしておきたいところです。

とはいえ、グーグルのペナルティ基準には曖昧な部分が多いので「ペナルティを回避できる絶対的な方法」というものはありません。

そこで、次の章からは「一般的に推奨されている対策」について、私の経験談を交えながら説明していきます。

 

自分の経験や感想を混ぜる

スポンサードリンク

 

上の章では「オリジナル性の無い記事はペナルティを受けやすい」という話をしましたが、そもそも「オリジナル性のある記事」ってどんなものでしょうか?

まずは、個性的な文章の書き方について押さえておきましょう。

先ほども説明したように、大手のニュースサイトで読んだ情報をそのまま記事にすると、どうしても他のブロガーと似た内容になりがちです。

実際に、芸能人の熱愛記事とか不倫情報を扱ったトレンドブログって、どこもかしこも似た内容ばかりですよね?

ライバルとネタがかぶりそうな時の対処法ですが、ネットの情報だけでなく、記事にあなたの経験や感想をプラスしてみてください。

既存の情報に「あなただけが知っている情報」を加えることで、他のブログと差別化することができます。

ちなみに、この方法はパクリ対策にもなるのでオススメですよ(^^♪

関連:ブログで面白い文章を書くコツを例文で紹介!文才がない人でもできる方法は?

キーワードの突っ込みすぎはNG

最近は減ってきましたが、昔はキーワードを突っ込んだだけの記事タイトルが多くありました。

あくまで一例ですが

『広瀬すずの熱愛/結婚/彼氏情報と水着のかわいい画像や胸のカップ』

・・・みたいなタイトルは、見るからにアクセス集めのためだけに作った記事ですよね?このような記事も、ペナルティの対象になりやすいそうです。

キーワードを突っ込みすぎていますし、そもそも日本語としておかしいです(;’∀’)

需要のあるキーワードを入れつることも大切ですが、自然なタイトルを心がけてみてくださいね。

あなたの顔が見える記事を書く

記事を書くとき、事実だけを淡々とまとめると「ロボットが書いたような文章」になってしまいます。

このようなブログだと、読んでいて面白みがありません。

どうせ書くなら、書き手(=あなた)の顔が見える記事を書いていきましょう。

独自の切り口で記事を書いたり、世間で肯定されていることを否定してみたり、話し言葉でフランクな文章を書いたり・・・

あなたの色を出せるかどうかが、ブログ記事を書く上で重要になってきます。

あ、切り口を変えると言っても、他人を批判するような記事はやめてくださいね?

個人の悪口を書くと名誉棄損になるケースもあるので(^_^;)

関連:映画ブログで芸能人や監督の悪口を書くと名誉棄損になる?ペナルティは?

薄い記事より濃い記事を!

内容のない薄い記事よりも、濃い内容の記事のほうがペナルティを受けにくいです。

文字数が少なく、読み応えのない記事だと、そもそも検索エンジンで上位表示すらされません。

最低でも1200字、できれば2000字くらいはあった方がいいです。

ただし、字数が多ければOKという訳ではないので、記事にはあなたの体験談や感想をいれて、オリジナル性を出していきましょうね!

アフィリエイトブログも対象

情報商材やポイントサイトへのアフィリエイトが多いブログも、結構な確率でペナルティを受けています。

一時期は、アフィリエイトだらけのブログが大量発生していた時期がありました。最近では、ペナルティで圏外に飛ばされて、あまり見かけなくなりましたが・・・

ちょっと載せるくらいならともかく、貼りすぎにはご注意くださいね(;’∀’)

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



<script>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA