記事数の目安は?アドセンスブログで月10万稼ぐには何記事必要?

スポンサードリンク

 

こんにちは、オオタです。

今回は、月収10万円を稼ぐために必要な記事数について解説していきます。

ネット上には「10記事だけで10万稼げるよ」とか、逆に「500記事書いても、全然稼げない・・・」みたいな声がありますが、結局どれが本当なのでしょうか?

私が初心者ブロガーだった頃、疑問だったことをまとめてみました。

アドセンスブログで10万稼ぐには何記事が必要?

家とお金

映画ブログをバズらせる方法とコツは?アクセス爆発のために私が実践したこと

 

結論から言うと、アドセンスブログの収益のみで月10万稼ぐためには、300記事くらい必要になります。

(アドセンス収入のみの話なので、アフィリエイトや物販の収益は含めていません)

 

そして、300記事を達成するまでに必要な時間ですが、早くても3か月はかかります。

1日に3記事ずつ投稿すれば、1か月90記事。

3か月後には270記事投稿したことになるので、3か月くらいは必要・・・という計算になります。

1記事あたり1000文字以上は欲しいので、毎日3記事を書ければ上出来です。むしろ、ハイペースな方でしょう。

関連:アドセンスブログ記事で最適な文字数は?1000文字より多い方がいい?

 

記事数300はあくまで目安

300記事くらいは必要だと説明してましが、これはあくまで”目安”の記事数です。

ブログのジャンルや運営方法によっては、もっと記事数が必要になるケースもあります。

つまり、その人のやり方次第ですね。

トレンドネタを使い、300記事程度で上手く稼ぐ人もいれば、長期ネタばかり選んでしまい、もっと多くの記事数が必要になる人もいます。

 

しかし、一部では「たった10記事で、月収10万円稼げる!」と豪語しているサイトもあるんですよ。

そんな状況なので、今からブログを始める人は「結局のところ、どの意見が本当なの!?」と、混乱していることでしょう。

実は、私も最初のころは混乱しました。

だって、みんな言っていることがバラバラですからね(^^;)

というワケで、次の章からは「どの意見が本当なのか」「10記事で月収10万円は可能なのか」という点について説明していきます。

 

10記事で月収10万円を稼げる?

スポンサードリンク

 

10記事で10万円稼ぐのは、理論上は可能です。

穴場キーワードを見つけて、高額なアフィリエイト案件に誘導できれば、不可能ではありません(アドセンス広告の収入だけだと、難しいですけどね)

ただし、私は「初心者ブロガーが10記事で月収10万円を稼いだ」という話は、聞いたことがありません。これが出来るとしたら、経験を積んだプロのブロガーでしょう。

普通に考えれば、素人が穴場キーワードを見つけて、おまけに一攫千金を目指すということ自体が難しいです。というか、ネットビジネスって、そんなに甘いものじゃないです(^^;)

 

というワケで、10記事だけであっさり稼げる・・・という期待は捨てた方が良いでしょう。

中には短期間で稼ぐ人もいますが、私の知る限りでは、アドセンスの規約や法律的にギリギリなことをしていました(^^;)

下の記事で紹介していますが、人のブログの文章をパクって稼いでいる人もいるレベルです(ちなみに、私も被害にあいました・・・)

ブログ記事の文章をYouTube動画で丸パクリされた!通報や対策の仕方は?

 

500記事でも稼げないって本当?

次に、「ブログで500記事も書いたのに、全然稼げない!」という意見について見ていきましょう。

結論から言うと、これは珍しい話ではありません。500記事書いても稼げない人はたくさんいます。

 

ただし、先に触れたとおり300程度の記事数で稼ぐこともできるので、大切なのは記事数よりも ”やり方” なのです。やり方を間違えると、ネットビジネスは全然稼げません。

あ、でも記事数も大切なんですよ?

1記事10PVだったとしても、100記事書けば1000PVになりますから。

量をこなすことも重要なのです

あくまで、「量だけをこなしても、やり方や方向性を間違えると稼げない」という意味で考えてくださいね。

 

稼げる人と稼げない人の差

実を言うと、私の周りにも稼げない人たちがいます。

というか、私も最初に作ったブログで「300記事書いたのに、日収が100円以下」という地獄のような状況を味わいました(笑)

 

でも、映画や芸能人など、トレンドネタを書くようになってからはアクセスが上がりましたけどね。いや、本当に稼げない時期は辛かったです(^^;)

とはいえ、この経験も無駄じゃなかったんですよ。

自分自身が苦労したからこそ、稼げる人と稼げない人の差がわかるようになりました。そして、その知識を他の人にもお伝えすることも出来ます。失敗はしましたが、今、この場で役に立っているんですよ。

 

というワケで、ちょっと話がそれましたが、稼げる人と稼げない人の差についてお話していきますね。

稼げる人は、キーワード選定やライバルチェックをしっかりやっています。そして、アクセスが来なかったときは、後から記事を見直して、原因をはっきりさせています。

つまり、対策をしながら記事を書いているのです。

一方、稼げない人は「とにかく記事を書き続ければ大丈夫」と思っている節があるんですよ。

更新することが目的になっているので、キーワード選定も需要チェックもしていません。つまり、記事が爆発することもありません。

その結果、全然アクセスが集まらないのです。

まとめ

需要を無視して、自分の書きたいことだけ書いたり、低クオリティな記事を量産したり・・・これを繰り返しても、人に読んでもらえません。

「記事数さえ増やせば稼げる」というワケではなく、アクセスの集まるネタを書かないと意味が無いのです。読まれない記事を500個書いたところで、月収1万円すら稼げません。

これが、私が経験した(というか見てきた)「稼げる人と稼げない人の差」ですね。

キーワード選定やライバルチェックをしていない人は、今からでも遅くないのでやってみてください。やり方は下の記事で説明していますが、慣れてくると数分でできるようになります。

【関連記事】

ブログのライバルチェックの方法は?穴場キーワードを見抜くコツ

グーグル検索で上位表示を狙えるお宝キーワードの発掘方法とは?

お宝キーワードの見つけ方!ヤフー虫眼鏡や無料ツールの使い方とは?

※もし「この記事を読んで、キーワードやライバルの選定ができるようになった!」という人がいれば、コメント欄から教えてもらえると嬉しいです。私のモチベーションがアップします(^^♪

逆に、「ここがわからない」という人も、コメント欄からお気軽にご質問くださいね。

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



<script>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA