ワードプレスのブログが検索画面に出てこない!原因と対処法は?

スポンサードリンク

 

こんにちは、オオタです。

今回は、ブログが検索エンジン(グーグルやヤフーなど)の検索結果画面に出てこない時の原因と対処法についてまとめました。

できるだけ専門用語を使わずに説明していくので、「初心者向けに、簡単に解説してほしい!」という人は読んでみてくださいね。

検索画面でブログが出てこない理由は?

検索エンジンの仕組み

ブログの記事を書いて投稿すると、グーグルやヤフーの検索エンジンに表示されるようになります。

しかし、まれに「検索しても記事が出てこない!」ということがあるのです。

これは何故かというと、検索エンジンが「あなたのブログで、記事が投稿された」という事実を知らないためですね。

検索結果の画面で、2ページ目・3ページ目・・・と見ていっても記事が出てこない場合は、グーグルやヤフーが記事の存在自体を知らない可能性があります。

特に、ワードプレスでブログを作ってすぐの時期は、記事どころかブログの存在すら知られていないケースもあります。

という訳で、まずはグーグルやヤフーの検索エンジンが、あなたのブログ(記事)の存在を知っているかどうかチェックしましょう。

 

グーグルに登録されているかチェックする方法

チェックの方法ですが、グーグルの検索バーに「site:記事のURL」と入力すればOKです。

インデックスの確認方法

例えば、記事のURLが「https://oota01.com/2018/01/」の場合は、検索バーに「site:https://oota01.com/2018/01/」と入力するワケですね。

グーグルに記事が登録されていれば、画面にあなたの書いた記事が表示されます。

 

逆に、グーグルに登録されていない場合は、画面に「~に一致する情報は見つかりませんでした」という文章が表示されます。

つまり、ユーザーが検索エンジンで情報を調べても、あなたのブログが表示されないということですね。

「せっかく記事を書いたのに、そんなの困るよ!」

・・・と思うかもしれませんが、焦らなくても大丈夫です。

大抵は、2~3日もすれば検索エンジンに表示されるようになります。

基本的には、時間が解決してくれると思ってください。あくまで一時的な問題なので、ご安心くださいね。

(参考:https://support.google.com/webmasters/answer/35256?hl=ja)

 

ワードプレスの設定を間違えたかも?

スポンサードリンク

 

いつまで経っても、検索画面に記事が出てこない・・・という場合、ワードプレスの設定を間違えた可能性があります。

実は、ワードプレスのブログには、検索エンジンにブログの存在を知らせないようにする設定があるのです。この設定を適用していると、検索エンジンに記事が出てきません。

「いやいや、そんな設定にした覚えは無いよ?」

・・・という人がほとんどかと思いますが、ブログを作る際に、間違えてこの設定にする人もいるようです。という訳で、念のため確認してみてください。

まあ、これはレアケースなんですけどね(^^;)

 

確認のやり方ですが、ワードプレスの管理画面で【設定】→【表示設定】をクリックします。

表示設定の画面が出てきたら、上から5番目にある「検索エンジンでの表示」という設定を見てみましょう。

表示検索エンジン

「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」(上の赤枠部分)にチェックが入っている場合は、このチェックを外してください。

これで、時間が経てば検索結果にあなたの記事が出てくるようになります。

すぐに記事を表示させたい時は

グーグルの使者[クローラー]とは?

とはいえ、記事によっては「すぐに検索エンジンに表示してほしい」というケースもありますよね。

そんな時は、グーグルに「私のブログを見に来てください」と、メッセージを出しましょう。

メッセージを出すと、グーグルからの使者(クローラー)が来て、ブログの中を巡回してくれます。

巡回が終わったら、使者は「新しい記事が投稿されてるわよ!」と、グーグルに連絡してくれるのです。

この一連の作業を「インデックス」と呼びます。

 

インデックスさせる方法

インデックスのやり方ですが、基本的には「Search Console (サーチコンソール) 」の「fetch as google」というツールを使います。

Search Console にログインして、画面の左側にあるメニューの中から【クロール】→【Fetch as Google】を選択しましょう。

あとは、URLを入力して送信すれば、グーグルへの連絡が完了します。

➡「Fetch as Google」の使い方はこちら(現在作成中)

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA