ブログの引っ越し理由やメリットは?なぜワードプレスへの移動が多い?

スポンサードリンク

 

「はてなブログ」「ライブドアブログ」「アメーバブログ」など、今はいろいろな無料ブログサービスがありますよね。

中には、無料ブログの間で引っ越しする人や、一部の記事だけ移動させる人もいるようですが、その理由はなぜでしょうか?

今回は、ブログの引っ越しについて、メリットなどをまとめました。

アメブロからライブドアに引っ越しする理由

引っ越し

うまいブログ記事のタイトル例まとめ!おもしろい付け方7選

「無料ブログの機能なんて、どこも大差ないでしょ?」

と思っている人も多いかと思いますが、実はサービスや収益面を比較すると、けっこうな差があるのです。

例えば「ライブドアブログ」と「アメーバブログ」を比較した場合、それぞれ次の違いがあります。

ライブドア アメーバ
容量 無制限 2GB
アフィリエイト
独自ドメイン △(有料) ×
テンプレート数 500 500

 

ライブドアブログのメリットといえば、広告の表示が少なく、自由にアフィリエイトができるという点でしょう。

せっかく記事を書いたのなら、アフィリエイトなどを活用して、上手に収益化したいところですよね(^^♪

ただし、運営側の表示広告を完全には消せないのが痛いです。

 

一方、アメーバブログは初心者に使いやすいというメリットがあるものの、アフィリエイトには不向きです。

交流しやすいので、趣味でブログをやるならオススメなのですが・・・稼ぎにくいのが問題点でしょう。

 

このように、ブログサービスは各社によって制限や収益性に差があります。稼ぎやすい無料ブログもあれば、そうでないブログもあるということですね。

そのため、ブログを作った後に、後から記事を引っ越しさせる人も少なくありません。

一時期は、アメーバブログのユーザーが続々とライブドアブログに移動するという事もあったようです(^^;)

関連:映画ブログでアクセス数が100倍になる記事タイトルの決め方!例とコツは?

無料ブログからワードプレスに移るメリット

スポンサードリンク

一方で、無料ブログをやめて、ワードプレスに引っ越しする人もいます。

独自ドメインを自分で取得して、その際にかかった費用は自分で負担する運営方法に変えるワケですね。

関連:【画像アリ】独自ドメインをムームードメインで取得してエックスサーバーで使う方法

 

無料ブログを使っている人からすれば、「わざわざ有料プランにする意味ってあるの?」と思うかもしれません。

でも、最終的な利益を考えれば、ワードプレスの方がオススメです。ある程度アクセスを集められる人なら尚更でしょう。

 

だって、考えてもみてくださいよ。

あなたがブログの記事を書けば、いろいろな人が見に来てくれますよね?そして、訪問者の何割かはブログに表示された広告をクリックしてくれます。

つまり、この時点で収益が発生するのです。

あなた自身で広告を貼れば、その分の収益は、あなたの懐にガッツリ入ります。

はい、嬉しいですね(笑)

 

でも、無料ブログの場合はどうでしょうか?

1章でも説明したとおり、完全に広告を貼り放題のブログサービスって、中々ありません。大抵は、記事のどこかに運営者側の広告が表示されてしまいます。

言い換えれば、広告費の一部を運営者に差し出すという事ですね。

 

運営側に渡した広告費が、1か月で1万円だったとしたら、年間で12万円の損失です。

ちなみに、有料ブログの運営費は年間で約1万円程度なので、ゴッソリおつりが返ってきますね(笑)

上のパターンだと、1年に11万円損をしている計算になります。

うわ、無料ブログって怖い((+_+))

 

という訳で、ある程度ブログに慣れてきたら、私はワードプレスへのお引越しをオススメしますよ♪

ちなみに、初心者ならグーグルアドセンスが稼ぎやすいです。

▽アドセンス広告の月収パターン

ゲームブログの収入は?アドセンスで稼げる収益はいくら?

映画ブログの収入は?アドセンスで毎月いくらの収益を出せる?

なぜワードプレス間で記事を移動するの?

私の場合、運営しているブログは全てワードプレスで、独自ドメインを使用しています。無料ブログは一切使っていません。

でも、実は未だにブログ間で記事を移動する事があるのです。

その理由ですが、記事を書いたあとに

「このテーマなら、AのブログよりもBのブログの方が適切だよね?まだ投稿したばっかりだし、この記事だけ移動しちゃおう!」

というケースがあるためです(^^;)

深夜に記事を書いていると、たまにこういうミスがあります。

SEOで考えれば、ブログ全体のテーマと記事のネタは近い方が良いので、ケースバイケースで記事単体を引っ越しさせることもあります。

ただし、その記事が検索エンジンから評価されていて、すでにアクセス数も多い状態なら諦めますけどね(笑)

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA