映画感想ブログの書き方まとめ!読まれるレビューを書くコツと裏技

母と子

 

面白かった映画や、大好きなシリーズの映画。見終わった後は、ブログに感想を書きたくなるものですよね。しかし、記事のタイトルを「映画名+感想」にしてしまうと、ライバルサイトが多く埋もれてしまうケースが少なくありません。その場合、どうすれば差別化できるのでしょうか?

今回は、映画の感想ブログでアクセスを集める方法について紹介していきます。

 

映画感想ブログって需要あるの?

最初に、映画の感想ブログは読まれるのかという点について説明しておきますね!

私自身、ブログを立ち上げたばかりの頃は「私の書いた感想なんて、読んでもらえるのかな・・・」と不安だらけだったので(汗)

 

結論から言うと、映画の感想ブログは需要があります。あくまで私の場合ですが、早めに映画をみて感想を書いておけば、3000PVくらいはサクッと達成できました。

(ちなみに、ネタに困った場合は下記事で紹介しているサイトがオススメですよ!)

関連:映画ブログで記事のネタ集めに役立つサイト一覧!探し方のヒント

 

また、単なる感想でなく、ストーリーや設定について考察した記事も、かなり需要があります。

ストーリー考察が好きな人はたくさんいて、その人達は映画を見た後、スマホで「映画名+伏線」「映画名+考察」などのキーワードを検索します。そのため、これらのネタは需要があるワケですね。

かくいう私も「最初のあのシーンって、ひょっとして伏線だったのかな・・・」と考えて、よく検索します(^^♪

※ただし、ネタバレ記事を書く時はルール違反をしないようにご注意くださいね。

関連:映画ブログでネタバレを書くと違法?逮捕された人っている?

 

ただしキーワード選定は必要

映画の感想ブログでも、事前に仕込んでおけば3000PVくらいは集める事ができます。しかし、これはキーワード選定をしっかりやった場合のアクセス数です。

メジャーな映画の場合、記事タイトルが「〇〇(映画名)のネタバレ感想」とかだと、ライバルが多すぎて検索エンジンで上位表示ができません。

「映画名+感想」というキーワードの入った記事タイトルが多すぎるので、投稿したところで、ネットの海に埋もれてしまうワケですね。

 

という訳で、私はいつも「映画名+感想+《ニッチなネタ》」で書いています。ニッチなキーワードなら、映画公開から時間が経っていても、意外と空きがあるものです。

例えばホラー映画の場合、みんな「怖いか怖くないか」という感想について書いているので、私はさらに掘り下げて「映画のトラウマシーン」などについて書くという訳ですね(笑)

この場合、キーワードの組み合わせは「映画名+感想+トラウマ」になります。

なんか嫌な組み合わせですね(;”∀”)

 

こんな風に、ちょっと視点を変えたりネタを掘り下げたりするだけで、結構アクセス数が変わってくるものです。特に、ブログを立ち上げてすぐだと中々アクセスが集まりませんよね?

そんな人には、とりわけおススメの方法ですよ!

※「そもそも、ニッチなネタって何?」という人は、先に下の記事を読んだ方が、この先の内容がわかりやすいです↓

関連:映画ブログの書き方!ニッチな内容でライバルに差をつけるコツとは?

 

ニッチなネタの書き方とコツ

ニッチなネタであれば、ライバルの少ない穴場キーワードを見つけることができます。とはいえ、「ライバルのいないキーワードを見つけるのが難しい・・・」という人もいるかと思うので、この章ではキーワードの探し方についてサクッと紹介しておきますね!

 

ヤフーで検索してみると?

スポンサードリンク

 

という訳で、今回は『君の名は。』という映画を例にして解説していきます。なぜこのタイトルかと言うと、単純に私が好きだからです(笑)

まずは「君の名は 感想」でキーワードに空きが無いか確認してみます。

すると、ライバルがぞろぞろと出てきますね。有名な映画なので、当たり前ですが・・・

ヤフーの検索エンジンだと、1位表示されるのは『映画.com』という超大手サイトになるはずです(2018年1月時点)

 

超大手企業が検索トップなので、これを超えるのはちょっと難しいですね。もし検索結果で2位・3位に表示されれば、記事を読んでもらえる可能性はありますが・・・

ライバルサイトに大手企業がいるので、個人的にはあまり勝負したくない状況です((+_+))

せっかく記事を書いても、2ページ目以降に表示とかだとアクセスが集まりません。基本的に、検索順位が下がるほど、記事が人目に付く可能性も低くなります。

関連:グーグル検索でブログを上位表示する条件!ライバルサイトに勝つ方法は?

 

ライバル不在のネタを探すコツ

こんな時は、ライバルが少ないキーワードを狙ってみましょう。

映画全体の感想ではなく、登場人物一人にスポットを当てるなど、視点を変えて考察を書けば強いライバルとネタが被りにくくなります。

例えば、父親についての考察とか、奥寺くんの考察とか・・・ここまでターゲットを絞れば、ライバルも結構少なくなりますね。

因みに、「君の名は 考察 ラーメン屋」とかだと、未だにキーワードが空いていますね。ちょっとニッチすぎますが(笑)

 

それと、映画の感想やレビューを書くなら、できるだけ映画公開時に書いてくださいね。というのも、公開から時間が経ってしまうと、検索者の数がどんどん減ってしまうためです。

今更「君の名は」について記事を書いても、あまり読んでもらえないかと思います。トレンドが終わらないうちに感想を書いて、たくさんの人に読んでもらえるようにしましょう!

関連:グーグル検索で上位表示を狙える!お宝キーワードの発掘方法とは?

 

まとめ

いかがでしたか?もしあなたが映画の感想ブログを作るなら、ライバルとは一味違った「ニッチなネタ」を含んだ感想を書いてみてください。そうすれば、他のブログと差別化することができます。「映画の感想ブログを作ったけど、全然アクセスがこない・・・!」という人は、ぜひ今回の方法を試してみて下さいね。

※それと、アクセスの集まりが悪くて悩んでいる人は、良かったら下のコメント欄を使ってくださいね。一人で悩むのって辛いので、相談に乗りますよ(^^♪

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



3 件のコメント

  • 初めまして、ジグ・ザガーと申します。去年の11月から雑記ブログを始めて、カテゴリーの一つで映画のレビューを書いています。
    アクセスが集まらず悩んでいて、この記事にたどり着きました。他の記事も読ませて頂き、勉強させてもらいたいと思います。
    とても参考になる記事を公開して下さり、ありがとうございます。

    • コメントありがとうございます(^^♪

      最初の頃は、アクセスが集まらなくて辛いですよね・・・
      私もジグさんと同じ経験をしました。

      でも、コツコツと続けていれば結果は出るので
      安心してくださいね。

      あと、アクセスが無い時って、大抵は
      「ライバルが強すぎる」か「ネタの需要が無い」の
      どちらかが理由なので、この辺りを意識すれば
      結果が出やすくなりますよ。

      • オオタさん、アドバイスありがとうございます。努力をコツコツ継続していきます。これからもオオタさんのブログを読んで勉強させてもらいます。

        ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA