映画ブログで芸能人や監督の悪口を書くと名誉棄損になる?ペナルティは?

悪い顔のひよこ

予告動画はおもしろそうなのに、実際に見るとイマイチな映画ってありますよね。

そんな映画の感想をブログに書くとなると、自然と評価が厳しくなるものですが・・・悪い批評を書いて、映画の製作会社から怒られることはあるのでしょうか?

今回は、映画ブログで批判記事を書くケースの注意点について説明します。

映画ブログで批評を書くと名誉棄損になる?

批評記事は書いてもいいの?

映画ブログで感想記事を書いていると、当然ながら「個人的な評価が低い作品」もあると思います。

「原作は面白いのに、実写映画のシナリオが酷かった」

「ありがちなシナリオで、途中で眠くなった」

映画を見ていて、そんな感想を持つこともあるでしょう。中には、ツイッターや掲示板で酷評されている作品もありますよね。

では、映画ブログでこのような批評を書くのはアリなのでしょうか?

悪口まではいかなくても、辛口な批評を書くことで、映画の製作会社から怒られたり、名誉棄損で訴えられたりするケースはあるのでしょうか?

 

名誉棄損にはならない

結論から言えば、映画の批評を書いたところで名誉棄損にはなりません。

そもそも、名誉棄損は「事実を告げて、人の社会的評価を危険にさらすこと」を指しますし、批評はあくまで個人の感想ですよね?

そのため、悪い評価を付けたからと言って、それが犯罪になることは無いそうです。

この点については、下の『弁護士ドットコム』の記事がわかりやすいので、詳しく知りたい方は一度読んでみると納得できるかと思います(引用元のURLから、下の記事の全文が読めます)

評論というのは、表現の自由の一つです。悪い評価があるから、高い評価もあるのです。それを悪い評価をしたから名誉棄損だというなら、評論は成り立ちません。良い評価をしてくれる評論家もいなくなります。映画会社は評価されるという利益を失います。

引用元URL: https://www.bengo4.com/internet/1071/b_443724/

 

また、映画の制作会社から苦情がきたという話も、私は聞いたことが無いです。

映画の感想を書くのがNG行為だとしたら、大手映画レビューサイトは全てアウトということになりますよね?

むしろ、誰もが太鼓判を押すような映画なんて、ごく一部でしょう(笑)

ブログに辛口な感想を書いたからと言って、訴えられるようなことはほぼ無いので、安心してくださいね(^^♪

 

ただし、映画のことを悪く言いすぎると、その監督のファンや面白いと思った人たちから苦情が来る可能性はあります。

批評をするなら、私は他の人が不快にならない書き方をオススメします(;’∀’)

関連:ブログへの批判やアンチが怖い!〇〇ならコメント欄はいらないかも?

 

ただし芸能人の悪口(わるぐち)はNG

スポンサードリンク

 

映画レビューを見ていると、時々、映画に低評価を付けるだけでなく俳優や監督本人に対して暴言を書く人を見かけます。

ただし、これはNG行為です。

映画への感想ならともかく、ブログで芸能人の悪口を書いてしまうと、名誉棄損の対象になる可能性があるので要注意ですね!

例えば最近だと、2018年1月にDeNAの井納翔一投手が、ネット上の悪口に対して約200万円の慰謝料を請求したという事件がありました。

『FRIDAY』が報じた内容によると、ネット上の匿名掲示板に井納の妻を中傷する書き込みがあり、井納側は通信会社に情報開示請求するなどして投稿者を特定。名誉を損害されたとして、書き込んだ20代女性に191万9,686円の損害賠償請求した。

引用元:https://news.mynavi.jp/article/20180131-578644/

悪口を書いた本人は、軽い気持ちだったのかもしれませんが・・・言われた側は当然ながら傷つきますよね。その結果、こんな事件が起こるわけですよ。お小遣い稼ぎの趣味ブログで、200万円の損失は痛いです(汗)

 

また、あまりに酷い(というか悪質)な記事を書くと、芸能事務所から苦情がくる可能性もあります。

つまり映画の批評」はOKですが、間違っても「芸能人や監督本人の悪口なんて書かないでね!」という話ですね(^^;)

関連:映画ブログでネタバレを書くと違法?逮捕された人っている?

 

辛口の記事はコメント欄に要注意

それと私の経験談ですが、人の悪口なんてブログに書かない方が無難です。犯罪にならなかったとしてもです。

芸能人の場合、ファンの人たちが見たら不快な思いをします。そうなると、その記事のコメント欄に罵詈雑言を書き込むパターンもあるのです。

そうなると、記事を書いたあなたが悲しくなりますよね?

書いた側も読んだ側も、どっちも悲しくなるので、ブログに書くなら「人に共感される記事」を書くのがオススメです。

映画ブログなら、わざわざ悪口を書かなくても、ネタは山ほどあります(^^♪

関連:ブログに書く内容を例で解説!ネタ選びのコツから文章の書き方まで

(ちなみに私の場合、悪い点を書いたら、最低1つは良い点を書くことにしています)

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA