初ブログで上手な文章を書くコツは?記事の書き方を初心者向けに解説

スポンサードリンク

 

ブログの記事を最後まで読んでもらうためには、読みやすい文章を書く必要があります。

検索エンジンで1位を取れたとしても、読者がページを開いてすぐに閉じてしまった・・・となると、直帰率が高くなり、グーグルからの評価も下がる可能性があるのです。

そこで今回は、初ブログを書く人向けに「上手な文章の書き方」についてまとめてみました。

見出しの作り方や説明の仕方など、文章はちょっとした工夫でグッと改善できるので、ぜひ試してみてくださいね♪

基本的なブログ文章の書き方

本のページ

google(グーグル)ペナルティの対策は?キーワード乱用はNGって本当?

ブログ用の文章を書く場合、基本的には内容をいくつかに分け、それぞれに見出しを付けていきます。

例えば、このページであれば「ブログ文章には見出しを付けよう」や「説明は結論から」など、内容がいくつかに分けられていますよね?

こんな風に、見出しをいくつか設定して内容を小分けにすることで、スマホやパソコンで読みやすい文章になります。

 


《基本的なブログのスタイル》

  • リード文
  • 見出し①
  • 見出し②
  • 見出し③
  • まとめ

関連:ブログの書き方テンプレート5選!記事の構成に使えるひな形まとめ

 

リード文(記事の概要)を200字くらいで書き、本文は適度に見出しを付けて書きます。必要であれば、小見出しを付けても良いですね。

関連:ブログ記事の書き出し(リード文)の例とテンプレートを紹介

※「そもそも、何をネタに書けばいいのかわからない・・・」という人は、下の記事を参考にしてみてくださいね(^^♪

関連:ブログに書く内容を例で解説!ネタ選びのコツから文章の書き方まで

 

コツ①事実から説明するとわかりやすい

人に説明をするときは、まず結論から話すのが基本ですよね。

これと同じで、ブログで文章を書く場合も、まずは事実の説明から入った方がわかりやすいです。

順番で言うと「事実の説明→自分の考察」という流れになりますね。

また、トラブル解決系の記事などを書く時も、「事実説明→問題提起→問題の解決法」というように、事実説明から入ると文章の内容がわかりやすくなります。

あくまで私の場合ですが、前置きばかりで本題に入らない文章って、読んでいてかなりイライラします(;´∀`)

 

以前ネットサーフィンをしていた時の話ですが、映画の原作情報を知りたくて、とあるブログを開いたんですよ。

そしたら、ブログ記事のタイトルが「○○(映画名)の原作あらすじネタバレ!」なのに、下の方まで読み進めても原作の話題が出てきません。

そして、最後の一行で「実はこの映画、原作がありません」と説明されていたので、読んだ後に「何じゃそりゃ!」と思ったことがあります(笑)

関連:ブログに誰も来ない時の対処法!アクセスなしから訪問者を100倍に増やすには?

 

コツ②記事では適度な改行を

スポンサードリンク

 

記事内で改行を使い過ぎると、スマホでブログの記事を見た時にレイアウトが崩れてしまいます。

例えばこんな風に↓

トリックアート美術館に

行ってきました。

初めて入館したのですが、噂通り面白かった

です。

 

パソコンで表示した時は問題無くても、スマートフォンで表示するとレイアウトが崩れていた・・・というケースはよくあります。

初心者ブロガーのあるあるですね。私もやらかしました(^^;)

 

ただし、全く改行を使うなと言う訳ではありません。全く改行ナシの文章も読みにくいので、適度に改行してみてくださいね。

▽例

トリックアート美術館に行ってきました。

初めて入館したのですが、噂通り面白かったです。いとこが妙なテンションだったので、そちらも笑えましたが(苦笑)

GWだったので結構込んでいましたが、やはり子連れが多いですね!

子どもは見ていると癒されます♪うちのおばあちゃんが、孫を欲しそうな顔で私を見てきましたが・・・

こちらの方が、ずっと読みやすくなりましたよね?

自分の文章が読みにくいと感じる人は、「改行は適度に」を心がけてみて下さい。

できれば、記事を公開した後に、スマートフォンで確認するのがオススメですよ(^^♪

 

コツ③事実だけを書くと読まれない?

学校

アドセンスブログ記事で最適な文字数は?1000文字より多い方がいい?

これは私の経験談ですが、事実だけを淡々と書いた記事はあまり読まれません。

実際に、検索結果で上位表示されている記事を見ると、感情を込めた文章で書かれているものが多いです。例えば、イベント情報を載せているだけなのに、やたらテンションの高いブログとかありますよね?

このように、感情を込めた文章は読まれやすい傾向があります。

 

まあ、私はこれが苦手なんですけどね(笑)

いや、別に私が無感情という訳ではありませんよ!?速報系のニュースなどを書いていると、「早く投稿しなきゃ!ライバルサイトに負けちゃう!」と焦ってしまい、つい事実だけを書いた記事になってしまうのです・・・

特ダネをいち早く投稿するのも大事ですが、感情のこもった面白い記事を増やしたいものです。

関連:ブログで面白い文章を書くコツを例文で紹介!文才がない人でもできる方法は?

 

あ、それから読み手の立場になって記事をかくのも大切ですよ!初心者への説明文なら、初心者の立場になって記事を書いた方が、より素敵な文章になります。相手の目線に立つことで新たな発見もあるでしょう。

目を引くアイキャッチ画像の作り方

アイキャッチ画像に文字をいれると、目立ちやすくなります。下の2つの画像を比較してみて下さい。

クリック率アップ画像

文字が入っている画像の方が、目立ちますよね?

ブログ記事のアップになれてきたら、こんな風に画像を加工して、アイキャッチを目立たせ見ても良いかと思います(^^♪

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA