グーグル検索で上位表示を狙えるお宝キーワードの発掘方法とは?

検索上位キーワード

 

「どれだけ記事を書いても、全く上位表示をされない!」

ブログを作ったばかりの頃は、そんな悩みを抱えている人が多いでしょう。かくいう私も、ブログを初めて1~3カ月目の頃はそうでした。

しかし、ブログを長く運営していると「上位表示されやすいキーワード」の共通点が見えてくるものです。そこで、今回の記事では私が見つけた条件についてお話します。

上位表示を狙えるキーワードとは?

いくらSEO対策をして良質なコンテンツを作ったとしても、ライバルが強力だと上位表示が難しくなります。

ライバルの中に大手企業や有名ブロガーが混ざっていると、素人はまず勝てません。相手は知識も人員も経験もある訳ですから、個人ブロガーが勝つのは至難の技なのです。

レベル1でラスボスに挑むようなものなので、少なくとも私はおススメしませんね(汗)

私のような個人ブロガーであれば、基本的には大手サイトが狙わないニッチなキーワードや、ライバルが少ないキーワードを狙った方が稼ぎやすいです。

では、ニッチでライバルが弱いキーワードとはどんなものなのでしょうか?

 

①新しい言葉や組み合わせを選ぶ

「新しい言葉」や「新しい組み合わせ」のキーワードであれば、ライバルは少なくなります。

例えば、「アナと雪の女王 あらすじ」だとライバルがものすごく多いですが、もし実写化されれば「アナと雪の女王 実写 あらすじ」という新しいキーワードが生まれますよね?

これなら、ライバルが少ない状態で記事を書けます。昔からあるキーワードは、すでに他のブロガーが手を付けているので、ブログが弱いうちは新しいキーワードを使うとアクセスを増やしやすくなります。

映画・漫画・ゲームなどは新しいキーワードがガンガン出てくるので、ジャンル全体としても検索上位を取りやすいという訳ですね!

関連:特化型ブログのジャンル一覧!ネタの例や稼げるキーワードまとめ

 

②検索者のターゲットを絞る

スポンサードリンク

 

ターゲットが広すぎるキーワードを使うと、大手企業とかぶるケースが多いです。そこで、私の場合は大手と競合しないように、ターゲットをできるだけ絞っています。

女性をターゲットにするなら、女性全体ではなく特定の年齢層(「20代で〇〇な人」など)を狙ったり、主婦・独身に狙いを絞ったり・・・

こうしてターゲットをズラすことで、大手との競合を避けることができます。タイトルも「女性が好きな映画」ではなく「20代女性が恋人と見たい映画」みたいなものを付けます。

大多数を狙うより、誰か一人をピンポイントで狙いうちする感じですね。

関連:映画ブログで記事のネタ集めに役立つサイト一覧!探し方のヒント

 

③ニッチな部分を狙う

「映画名+ストーリー」や「映画名+感想」などは、誰もが思いつくキーワードですよね。この手のキーワードも、ライバルが多くなりがちです。そんな時は、視点を変えてみるのも手段の一つです。

他の人が気づかないニッチな部分を狙えば、ライバル皆無のキーワードが見つかることもあります。

▽ニッチキーワードの探し方

映画ブログの書き方!ニッチな内容でライバルに差をつけるコツとは?

 

④未来を予想した記事を書く

ニュースが発表された時に、未来を予想した記事を書くのもおススメです。次にどんなニュースが話題になるのか、ユーザーは何を求めどんなモノに需要が集まるのか・・・これを予想できるようになると、強力な武器になります。

ただし、これは難易度がめちゃくちゃ高い手法です。未来を先読みしつつ、おまけにライバルの二手三手先を読む訳ですから、かなりの高等技術でしょう。

では、未来予想が出来るようになるには、どうすればいいのでしょうか?

 

「未来予想なんて、頭が良い人以外は無理でしょ!」と言われそうですが、実は経験と愛でカバーできます。

マニアックな映画ファンだと、「この監督は、次に〇〇をしそうだな」とか「あのマンガは実写化されそう」とか予想して、しかも的中させることがありますよね?あれと同じで、好きなものだと先読みがしやすくなります。

 

欲を言えば、オールジャンルで未来予想できれば良いんですけどね。ただ、これを最初からできる人はほぼいません。いるとしたら、その人は恐らくエスパーの才能があります(笑)

という訳で、もし映画が好きで映画ブログを作りたいという時は、ぜひ未来を予想しながら記事を書いてみてくださいね。未来の出来事なら、ライバルが少ないですし、検索上位も取りやすいです。

※他にも良いキーワードの選び方があれば、随時追加していきます。

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA