【救済】映画ブログの読者(PV)の増やし方は?増やすための基本を解説

パソコンと牛

今回は、映画ブログの読者数が増えない人のために、救済策を考えてみました。

「毎日コツコツと更新しているのに、なぜか読者が増えない」「300記事書いても、まだ10万円稼げていない」という人のために書いた記事なので、当てはまる人は読んでみてくださいね。

毎日更新した映画ブログでもPVが増えない!?

突然ですが、私のお友達に ”Aさん” という男性がいます。

Aさんは、去年から映画ブロガーとして活動し始め、毎日ブログをコツコツと更新していました。

おまけに、彼は素敵な文章が書けるという特技を持っています。少なくとも、私が書く文章よりも10倍面白いですね(笑)

毎日更新していて、記事の質も良いので、私は「Aさんなら、すぐに10万くらい稼ぐんだろうなー」と思っていました。

 

でも、Aさんは半年たっても、全くPVが稼げませんでした。

不思議ですよね?

ちなみに、ブログの記事数は300記事を超えています。それくらい努力してきた方なのです。

でも、結果が出ていないのです。

これはAさんもショックだったらしく、かなり落ち込んでいました。

 

その時に、私はAさんから「どうしたらブログの読者が増えるのか」という相談を受けて、彼のブログを調べてみました。

すると、致命的な欠点が見つかったのです。

なんと彼は、ブロガーとして基本的な事が出来ていませんでした。

 

全体的な能力値は高いのに、よりによって基本だけが出来ていない・・・ハッキリ言って、めちゃくちゃ勿体ないと思いましたね(;´Д`)

才能があるのに、その才能を活かすための基本的なスキルが身に付いていないんですよ。報われるべき努力が、たった1つのミスのせいで、報われていない状態です。

本当にもったいない・・・!

でも、Aさんの場合、そこさえ直せば一気にアクセスが増えるはずなんです。

という訳で、今回はAさんが犯した「超基本的なミス」についてお話していきます。

 

ミス①ユーザーの需要を無視

スポンサードリンク

 

Aさんが犯したミスは「読者(ユーザー)の気持ちを考えない」という、ブロガーとして致命的なものでした。

みんなが知りたい情報ではなく、Aさん ”だけ” が知りたい情報を書き続けていたのです。

 

【Aさんのミスの例】

・ネタにする映画は、みんなが見ているタイトルでなく、Aさんが好きな昔の洋画タイトルばかり。

・記事の内容がマニアック。一般人が気になる情報が書かれていない。

 

ブログって、自分のためじゃなくて人のために書くものなんですよ。みんなが知りたいと思う情報を、わかりやすく提供して、そこで価値が生まれます。

だから、自分本位な記事ばかり書いたところで、読まれるはずが無いのです。

これはとても基本的なことなのですが、Aさんは出来ていませんでした。

 

せめて、新作やトレンド映画ネタで記事を書いていれば、もっとアクセスがきたのかもしれませんが・・・

よりによって、Aさんはマイナーな作品やブームが過ぎ去った作品ばかり気になっちゃうんですよ(;´Д`)

世間の需要とマッチしていない作品を扱っているので、当然ながら読者に読んでもらえません。これが、Aさんの1つ目のミスでした。

関連:ブログに書く内容を例で解説!ネタ選びのコツから文章の書き方まで

 

ミス②世間の疑問に答えない

さらに、Aさんは「みんなの疑問に答えない」というミスも犯していました。

基本的に、ネットで情報を調べる人って「”わからないこと”を知るため」に検索するんですよ。そして、答えがありそうなページがあれば、そのブログを開くんです。

つまり、世間の人達が疑問に思うことを予想し、その「答え」を記事にしておけば、アクセスが集まるのです。

しかし、Aさんの記事に書かれていたのは「みんなの疑問」ではなく「Aさんの疑問」でした。

つまり、「そこが気になるのは、Aさんだけだよ!?」という内容を書いていたワケですね。このミスも、読者が増えない原因だったのでしょう。

読まれるブログを作るなら、「自分が気になる事」ではなく「みんなが気になること」を書く。

これも基本中の基本ですね。

関連:映画ブログをバズらせる方法とコツは?アクセス爆発のために私が実践したこと

 

そもそも、ブログのアクセスって、検索エンジンからの流入が大半です。だから、みんなが検索エンジンで調べるような「疑問」をネタにした方が、効率的にPVを増やせます。

ツイッターなどのSNSで読者を増やす方法もありますが、やはり基本は検索エンジンですね。

関連:ツイッターでブログ記事を宣伝!集客効果やPV数アップのコツは?

 

まとめ:読者の基本的な増やし方

ブログの読者を増やすためには、「需要の大きいネタ」について書くのが基本です。

つまり、ここまでの章で説明してきた「みんなが気になるもの」「みんなが知りたがる情報」を取り上げればいいワケですね。

あなたの書いた記事と世間の需要が一致していないと、PVを集めるのが難しくなります。

需要があるネタ(キーワード)を選び、その際に「ライバルチェック」と「タイトル付け」をしっかりやれば、1記事3000PVくらいはあっさり超えますよ(^^♪

あ、「ライバルチェック」と「タイトル付け」のやり方がわからな人は、下の記事を参考にしてみてくださいね。

関連①ブログのライバルチェックの方法は?穴場キーワードを見抜くコツ

関連②映画ブログでアクセス数が100倍になる記事タイトルの決め方!例とコツは?

 

ライバルチェックのやり方など、テクニックを一度に全て覚えるのは無理なので、何度も読み込んで、頭の中に落とし込んでください。

何度も復習して、初めて勉強した内容が実践で役立つようになります。

もし、今回紹介した”Aさん”のような悩みを抱えている人がいたら、コメント欄から相談してくださいね。

私の知識が役に立てば、嬉しく思います(^^♪

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA