【ロボット映画】感動&泣ける!子供向けアニメや洋画(ハリウッド)作品まとめ

スポンサードリンク

 

『ベイマックス』や『アンドリュー』のような、感動するロボット映画が見たい・・・!

そこで今回は、管理人が「泣けるロボット映画」のおすすめを紹介します。

子供向けからピュアなラブストーリーまで、オールジャンルのロボット映画を集めてみました!

 

なお、このページで紹介している作品は「管理人が本気で感動した、泣ける作品」ばかりです。

たくさん泣いて、疲れた心を癒したい人には、おすすめの作品ですよ♪

⇒かっこいいロボットアニメ映画はこちら

ドラえもん

誰もが感動するロボットアニメ映画

感動できる映画でロボットが登場する作品といえば、やはり『ドラえもん』は欠かせませんね!

「視聴者を感動させる」という点に注目すれば、ロボットアニメ映画の中でもトップクラスのシリーズでしょう。

 

ハッピーエンドで終わらず、悲しい結末を迎える作品もありますが・・・

それでも、ドラえもんやのび太が困難に負けず立ち向かう姿は、「感動する」の一言につきます。

私は特に『のび太のワンニャン時空伝 』が好きですね。お子さんがいるなら、ぜひ一緒に見て欲しい作品です(^^♪

 

心に残る名言

あと、ドラえもん映画って名言が多いシリーズです。

例えば『新・のび太の日本誕生』では、ドラえもんが最後に「ニセモノの歴史が本物の歴史に勝てるわけがないんだ!」といって勝利するのですが・・・

この台詞で、私の涙腺は崩壊しました(^^;

未来からきた ”ドラえもん” の台詞だからこそ、感動したのだと思います。ドラえもん映画って、ちょっとした一言が心に響くんですよ。

 

ドラえもんシリーズは、本当にどれもオススメです。無料で見れる方法もあるので、学校や仕事がお休みの日に視聴して、癒されてくださいね♪

↓ ↓ ↓

クレヨンしんちゃん映画『ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん』

大人も泣ける良作

※画像クリックでAmazon商品ページへ

ギックリ腰で腰を痛めたひろしは突如現れた謎の美女に連れられ、マッサージも兼ねてエステの「無料体験」を受けることに。

エステを終えて家に着いたひろしだったが、そこで自分の体がロボットになっていることに気づき驚く。ロボットになった自分を前に警戒心むき出しのみさえに対し大喜びのしんのすけ。

そんな中ひろしは、自分の体がロボットになった原因があのエステサロンであったことに気づく。それは、邪険に扱われる日本の弱い父親達の復権を企てる『父ゆれ同盟』の恐るべき陰謀だった。

「家族は、オレが守る!!」

崩壊寸前のカスカベを前にロボットになったひろし=ロボとーちゃんが、しんのすけと共に立ち上がる。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

野原ひろしが、ロボになってしまうストーリー。ひろしメインの映画です。

野原家って「みさえが最強!」というイメージが強いですが、実はひろしも強くてカッコイイ男性なんですよ♪

ちなみに、クレヨンしんちゃんの映画って当たりハズレが激しいですが、『ロボとーちゃん』は面白かったです。

▽口コミ

「クレヨンしんちゃんの映画、ロボとうちゃん、めちゃくちゃ泣きました」
「クレヨンしんちゃんの「ロボとうちゃん」観てすげぇ泣いた」
「ロボとうちゃん、結構重いな」

引用元:ツイッター

スポンサードリンク

ベイマックス

子供向けのおすすめ海外アニメ

 

人の心と体を守ってれる、やさしいロボット「ベイマックス」。家族を亡くした少年とベイマックスによる心温まるストーリーです。ディズニーの名作映画ですよ♪

海外のロボット映画の中でも、私はダントツで好きな作品です。

▽口コミ

「初めてベイマックス観た!泣いた!いい話やなぁ。」

「ベイマックスどちゃくそ泣ける」

「ベイマックス初めて見たけど感動するね」

引用元:ツイッター

ものすごく感動する(本気で泣ける)作品なので、興味がある人はぜひ1度ご覧下さいね♪ディズニーの作品なので、間違いなく面白いですよ!

↓ ↓ ↓

ATOM

子供も楽しめる新生アトム

※画像クリックでAmazon商品ページへ

ロボットによって全ての世話をしてくれる夢のような空中都市メトロシティ。そこで生活をしているテンマ博士の息子トビーは、ピースキーパーの実験中の事故によって命を落としてしまう。

悲嘆にくれるテンマ博士はトビーの姿と記憶を持ち、究極のエネルギー『ブルーコア』を搭載した人間にそっくりなロボットを作り上げた。しかし、息子として迎え入れたもののどこか本物とは違うことを痛感したテンマ博士は彼を拒絶してしまう。

自分がロボットであることを知りブルーコアを狙うストーン大統領にも追われ地上へ落ちた彼は、コーラたち地上に住む子供達と出会い「アトム」と名乗り、自分の居場所を探すために彼らと暮らすこととなった。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/ATOM

 

手塚治虫先生による『鉄腕アトム』を3Dアニメ化した映画。最限度も高く、原作に忠実だと思います。

▽口コミ

「鉄腕アトムは名前くらいしか知らないけど、これは面白かった!機会があれば原作も読んでみようかな…!切ないけど、良い話だった!」

「アトムはオリジナルは観てないけどそこそこ楽しめた。少し子供向けなので家族でまた観ようかな。」

引用元:ツイッター

A.I.

心を持ったロボットの結末は?

※画像クリックでAmazon商品ページへ

近未来-ついに”愛”をインプットされた少年型ロボット、デイビットが誕生する。

彼を試験的に養子に迎えたスウィントン夫妻は、愛情深いデイビットをいつしか本当の子供のように思い始める。

しかし、不治の病に冒されていた実子が奇跡的に回復したことで、デイビットは居場所を失ってしまう。

母モニカに愛されたいデイビットは、人間になる方法を求めて旅に出る…。

引用元:https://www.amazon.co.jp/I-WB-COLLECTION-AmazonDVDコレクション-DVD/dp/B07B2YJ42Q/ref=dp_ob_title_dvd

 

ロボットの映画ランキングを作るうえで、絶対に忘れてはいけない作品。それが、スティーヴン・スピルバーグ監督のSFロボット映画『AI』でしょう。

デイビッドは、高度な技術を持って作られたロボットで、人間の母親モニカを愛するようプログラミングされています。

 

しかし、デイビットはモニカの息子の代わりでしかない。

そのため、実の息子が病を克服すると、デイビットは森に捨てられてしまうのです。

人間の身勝手さや残酷さが、ありありと描写されたストーリーですが・・・デイビットは、どんな最後を迎えるのでしょうか?

アンドリューNDR114

人に恋するロボットの洋画

スポンサードリンク

 

「人間になりたい」と夢見るロボット「アンドリュー」の姿を描いた作品。

家庭用ロボットとして働いていくうちに、個性や創造性を身に付ける。器用な手先を活かしてお金を稼ぎ、自立を願う。

そして人間の女性に恋をし、さらに「人間になりたい」と願った彼は、見た目をも人間へと近づいていくのですが・・・

 

それでも、彼はロボット。

法的には、人間として認められることはありません。

人になりたいと願った彼は、最後にどうなるのか・・・ラスト必見の名作映画ですよ!

「人間同士のラブストーリーは見飽きた!」という人に見て欲しい、やさしい内容の映画です。私は子供の頃に見たのですが、未だにラストシーンが忘れられません・・・

見た人は、きっと優しい気持ちになれるはずです(^^♪

【未公開】ハリウッドの話題作

まだ公開されていませんが、「ガンダム」や「ロックマン」などの日本アニメがハリウッドで公開予定です。

ロックマンは原作が「家庭用ロボットが、平和のために自ら志願して戦闘用ロボットになった」という設定なので、感動できるストーリーになるかもしれませんね。

 

ハリウッドでの実写化に対する恐怖感もありますが、やはり好きな映画が実写化されるとなると嬉しいものですね。

ドラゴンボールなどの実例があるので、かなり怖いですが(^^;

ロックマン実写映画のキャストと登場人物を予想

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA